「相手と話をすると

よく内容がわからなかくなって」

 

「ああ。そうだね」とか

わかったフリをたまにしてしまうフックンです。

 

 

この前は彼女の話を全然聞いていなくて

「そうやな。わかるわかる」と適当に流していたら・・・・

 

 

彼女から一言

「じゃあ今言っていた話の内容いってみて?」

 

 

・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・

すみません聞いていませんでした汗

くらいました・・・

ビンタを一撃くらいました・・・とほほ

 

 

 

前置きがいつものように長くなりましたが・・・汗

 

 

 

 

話をしていく上で相槌を打つということは非常に大事です。

 

 

 

相槌を効果的に打つことができれば女の子に「私受け入れられている」って印象づけることができます。

 

 

 

 

女の子に「受け入れられている」と思ってもらえば不思議と心を開いてもらうことができます。

 

 

 

 

女の子に心を開いてもらえばゴールは目の前です。

(ぐふふ。エロいことを考えては妄想してしまった・・汗)

 

 

ということで、

 

効果的な相槌の打ち方

 

相槌に加える最高のリアクション

(ここまでこればあなたはさんまさん状態です汗)

 

 

を徹底的にお話していきたいと思います。

 

 

相槌は恋のスパイスだっぷよ

( T_T)\(^-^ )

 

 

 

※こちらのコンテンツも反響が高くあわせて読むことで細胞レベルで効果的です。

 

 

フックンの告白・・モテる男とモテない男の違いは好意の伝え方にあった?

 

 

 

 

効果的な相槌はあなたの話を受け入れているという姿勢を出すこと

物事について自分の側しか知らない人は

、そのことについてほとんど知らない。

– ジョン・スチュアート・ミル

 

 

効果的に相槌を打つことはいったいどういうことか?

 

 

 

それはあなたの話をびっくりするぐらいに聞いているし受け入れているよというサインを出すことです。

(うんうんわかるよ。すごくわかる。俺は心の中でそうつぶやいています汗)

 

 

 

 

「なんだそんなことかよ」と思いますか?

 

 

でも恋愛が苦手な人はびっくりするぐらいにこれができていない人が多いですから。

(昔の俺も当然アウトでした汗)

 

 

 

相槌を習得できていない場合大きな迷いが生じてしまうものです。

 

 

例えば

「やっぱり肉より魚がおいしいよね」って女の子が言ったとして・・・

 

 

あなたが

「はあ魚よりもお肉のほうが

おいしいに決まっているやないかい

男は肉食じゃ(ぷんぷん)」

 

と間逆の意見を持っていたとします。

 

 

そうすると相槌を習得できない状態だと

 

 

「ええ・・・ああ・・・そうだね(汗)」

みたいな感じでキョドりながら相槌を打ってしまいます(泣)

(このあたふたする感じがたまらんわけですよ汗)

 

 

 

そんな様子は120パーセント女性の中に印象として伝わってしまいます

( T_T)\(^-^ )

(さすが女子・・・)

 

 

 

 

次第に機嫌が悪くなって反応が悪くなってしまって・・・見向きもされなくなってしまう。

 

 

こんな現象が起きるのはあなたがまだまだ迷っているからです。

 

 

 

 

「ええ。肉のほうがおいしいやんけ。

でもこういうときって同意しておいた

方がいいのかな。でもでも・・」

 

 

「うーん。やっぱり同意をしておこう。

そうすれば嫌われないだろう。

うんうん。よし・・・・」

 

 

みたいな迷いが生じるの女の子を受け止めているけど受け止めることができない・・・

残念な現象が起こってしまいます。

 

 

 

 

だからこそ、

まずは

「全力で受け止めているよ」って

いうことを全力で出力することが

大事なのです。

 

 

 

 

(だからこそ俺はこのブログでも彼女ができなくて悩んでいるあなたのことを全力で受け止めます。「あなたのことを受けとめる」「受け止める」

と心の中で念じながらコンテンツを作っているのです)

 

 

「全力でわたしのことを受け止めてね・・」

 

 

「オオウケトメマス。

アナタノオムネデゼンリョクデ

ウケトメマス・・・」

 

 

 

全力で相槌を受け止めるには

「とげとげのあなたも受け止めるあるよ」

 

 

全力で相槌を使って女の子を受け止めるにはどうしたらいいか?

 

 

それは、

事前にインプットしておくということです。

 

 

「とりあえず、何か女の子が話したら受け止めて相槌を打つぞイエイ」

 

 

みたいな感じでインプットすることがベストです。

 

 

 

 

意見が食い違ったとしても反射的に「まずは受けるぜ」って感じにしておけば、、

 

迷いの時間がなくなります。

 

 

 

 

「鬼が出ても蛇が出てもまずは受け止めるんじゃな」って自分でインプットをしてみましょう。

 

 

実際俺はこれをするようになってからびっくりするぐらいに反応がよくなりました。

 

 

 

(どういうことだ・・・昔は話をしていてもたいがい不機嫌になってプイってそっぽを向かれていたのに汗)

 

 

 

状況が180度変わったのは「まずは全力で受け止めるぜ」って姿勢が伝わっているからなんですね。

 

 

 

※特にさびしがりやの女の子からの反応は超絶です

(おためしあれ・・・・)

 

 

 

(自慢じゃないですよ汗心がけで誰でもできちゃいます♪)

 

「私を今すぐうけとめてみて」

「すっすいません。時間ください・・汗」

 

 

 

 

天下人豊臣秀吉も相槌の名人だった!?

かの有名な豊臣秀吉も

相槌の名人であったといいます。

 

 

 

豊臣秀吉の有名なエピソードは農民という低い身分でありながら織田信長をはじめとする家臣に可愛がてもらい、最終的には天下人まで上り詰めるエピソードが有名です。

 

 

 

そんな人たらしの秀吉がしていたのは相槌をして、相手からの申し出を受け入れるということでした。

 

 

 

当時の時代、トイレ掃除はみんなから忌み嫌われていたそうです。

 

 

 

 

誰もやりたがらなかったことでしたが秀吉は申し出に対して「わかりましたすぐにやります」と屈託なく同意したそうです。

 

 

 

いやな顔ひとつ見せずに掃除中に家臣から糞尿をかけられようともトイレ掃除をやりとげてしまうのです。

 

 

 

 

そんな秀吉の姿も見て家臣も秀吉のことを可愛がるようになったのです。

 

 

 

しかもあまり知られていませんが秀吉は生粋のプレイボーイなんです。

(❤╹ω╹❤)ワーイ ワーイ♡

 

 

 

 

(晩年脳梅毒にかかって最終的には発狂をしてしまうのですが・・・)

 

 

 

このプレイボーイも秀吉の受け止める姿勢があったからこそなせる業だったのです。

 

 

(フックンはなかなかの歴史マニアでして・・・こうやって過去のモテ男たちもたんたんと研究しているのです汗そんな学びもちょくちょくコンテンツで発信していきますね♪)

 

 

 

 

相槌がうまく打てたら次へのステップ→リアクション

さあここまで読んでくれた感のいいあなたはいかに「相槌が大事か」ということを実感できたではないかと思います。

 

 

 

さらに女の子に火をつける方法をお伝えしていきます。

元気出せよ( *`ω´) (´∀`)・・・ウン

 

 

 

それは相槌に加えてリアクションを

意識するということです。

 

 

 

これができるようになれば女性から深い話も引き出せるようになります。

 

 

 

 

実際俺がやってみてよかったのはあまり笑わない女性がニコッて笑顔を出してくれたことです。

 

 

 

(ひゃっほーい。ほとんど笑わないのに

笑ってくれた。最高だひゃいひゃい。)

とか柄にもなく舞い上がった経験があります

 

 

話を受け止めるリアクション

 

話を受け止める+リアクション

 

 

とれで面白いぐらいに女性から好感触を得ることができるようになっていきます。

 

 

 

効果的なリアクションのとり方

「じゃあどうやったらリアクションをとることができるのじゃ?」

と思うでしょう。

 

 

そこでこの動画を一度見てみて
ください。

 

 

さんまさんです。

 

この人の切り替えし(リアクション)はものすごいですね。

 

 

もちろんリアクションは才能なんていりません。

 

 

誰でも上手くやることができます。

 

 

 

それは

 

 

 

。。。。。

 

 

。。。。。。。。。。。

 

 

 

感情を乗せることです!

 

 

で主要な感情は

そんなにありません。

 

 

好奇心

 

驚きの2つです。

 

 

女の子

「ねえ。やっぱりお肉より魚がすきなんだよね」

 

「ほー魚がすきなんやな。(相槌)ってまじかめっちゃ珍しいやん、。なんでなんでなんで?」

(驚きと好奇心の感情)

 

 

 

女の子

「なんかいやなことがあってさ」

「いやなことがあったんやな(相槌)そりゃたまったもんじゃないで!なんやワイが話を聞くでどうしたんけ?」

(驚きと好奇心の感情)

 

 

 

「やっぱりレゲエ好き」

「(レゲエってようわからんけど」そうなんやレゲエがすきなんやな(相槌)どんなんがいいん?なんかお勧め教えて教えて」

(好奇心の感情)

 

ってな感じで感情というスパイスを交えることで、びっくりするぐらいに女の子の反応がよくなりまくります。

 

 

 

 

そして極めつけは自分で勝手に話してくれる人もいます。

 

 

 

「ねえねえ聞いてー」目をつぶって想像してみてください。

 

 

 

 

可愛い美女があなたのことをゆすって全力で話を聞いてほしいって感じでくるんですよ。

 

 

(あああああー思い出すだけで興奮がとまらねええ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )ナメコ

 

すごいですよね。

すごくないですか汗

 

 

 

もちろんあなたもその目標を実現させることができます。そのためのお手伝いをこのコンテンツで全力で支援していきます。

 

 

 

それだけ相槌とリアクションって強力な力を秘めているのです。

( ˊ̱˂˃ˋ̱ )ナメコ

 

 

これを使わない手はないので、

 

共感(受け止める)


リアクション(感情を乗せる)

 

 

という訓練を徹底してみましょう。

 

 

PS

いかがでしたでしょうか。今回は共感のお話をさせていただきました。

 

 

 

勘のいいあなたならお気づきかもしれませんが共感を得たあとにあなたはいったい何を目的としているかということは考えておかないといけません。

 

 

すなわち意中の女の子と会話をする目的を明確にしておくということです。

 

 

あなたはただ友達がほしいだけでしょうか?違いますよね

 

 

好きな子を彼女にする

 

 

 

いうことです。

その目的が決まったらOKあなたの感性に任せましょう。

 

 

「この子を彼女にするにはどうすればいい?」

 

 

と必死で情報を集めるようになっていきます。

 

 

そうすればしめたもの。

 

 

 

後は質のいい情報を収集するだけ好きな子が落とせるようになっていくでしょう。

 

 

 

 

※決してあせらないでくださいね。たまには気分転換をして、少しずつ前へ進んでいけばいいですよ。

(^^)v→(^_^)v→(^-^)v

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうざごいました。

 

 

フックン

 

 

 

 

TOPへ戻る

フックンの思い

コンテンツ一覧

⇒恋愛初心者に見てほしいコンテンツ