新しい挑戦、仕事、課題において

決定的に重要なものへの一点集中

 

ピータードラッガー

 

限られた時間の中に

かわいい女の子を見つけてどうやって

彼女にしていくのか?

 

 

これは世の中の男性にとっては

究極の課題ではないでしょうか?

もちろんモテる=彼女を作るという

試みが四六時中できるのであれば、

それに越したことはありません。

 

 

 

しかし、俺たちは

仕事をしていますし、日々の生活に

追われて生きています。

だからこそ限られた時間で効率的に

行動へ取り組み狙った女の子を

ゲッチュしないといけないわけです。

 

 

 

だからこそ今回の記事は

より効率的に女性を落とすためのマインド

「細分化」と「トレードオフ」に

ついて解説をしていきます。

 

 

 

肉はいっぺんに食えません・・・細分化という概念

ではでは、まずは細分化という

概念をお伝えしようかと思います。

 

 

結論からいうと細分化とは

状況を細かくわけよということです。

 

 

状況を細かく分けることで

行動のハードルや習得のハードルが

劇下がりするからです。

 

 

 

たとえばこの絵を見てください

 

はい。牛さんです。

 

 

この牛さんを

今から食べてみてください!

 

 

といわれたらスムーズに

食べることができるでしょうか?

 

 

おそらく

無理にきまってんじゃねえかって

なりますよね汗

 

 

でもこれならどうでしょう。

 

 

「おお。何とかくえそうだ!」

となりますよね。

 

 

肉を焼いていけばいいですからね。

ステーキです。

 

 

さらにこの絵を見てみましょう。

 

 

「ああこれなら食えるな」

とはっきりとイメージすることが

できたのではないでしょうか。

 

 

 

生きている牛を出されても

食べるイメージが生まれません。

 

 

そこで細分化を使って細かく

肯定をわけていくわけです。

 

 

解体して、小分けにして、焼いて

一口サイズにカットして・・・・

 

 

 

細かく細かく工程をつくり

ようやく「食べれるぜ」って

感じで物事が進むわけです。

 

 

恋愛も細分化に応用するとやるべきことがわかる

「彼女ができない・・・」

と四六時中うなっている人は

一言で言うと、

細分化できていない可能性が非常に

高いです。

 

 

特に彼女いない=年齢などエースクラスの

男にはなお大変でしょう。

 

 

細分化できていないので

女という存在が漠然としてしまいます。

 

 

まるで恐怖の化け物かのように移ってしまうのです。

 

 

そうすると

「何をすればわからない・・・

いったいどうすればいいんだ・・・」と

途方にくれてしまうわけです。

 

 

そこでモテる男は

無意識のうちに彼女を作る工程を

細かく切り分けていくわけです。

 

 

彼女を作る

まずは女性と知り合う

外見などを工夫し嫌われない
工夫を行う

会話などリサーチを行い
いつでも食いつけるような話題を準備しておく

表面的な会話だけじゃなく

お互いに感情表現が

できるようになる

 

・・・・・・・

(ここから先は

推奨教材、限定コンテンツ

を参照してください)

 

 

 

とまあこんな感じで

細かく細かく切り分けることができるのです。

だからこそ彼女を作るイメージがはっきりと

していて、その工程を繰り返していきます。

工程を繰り返すだけなので、

まるで流れ作業のように

女性と付き合うことが

できるということです。

 

「私のことを好きにして♪」

「イインデスカ。マズハナデナデシテ

パンチーヲイロイロ解体してはあはあ」

↑この作業も細分化ですね汗

 

 

大事なのは集中?トレードオフという概念は?

次にトレードオフという

概念についてお話をしておきます。

 

 

トレードオフとは一言でいうと

 

何かを得るために何かを捨てるという

 

作業です。

 

 

優先順位とも言い換えることが

できますね。

 

 

私たちは何かを得るために

何かの行動を捨てることを

要求されるということです。

 

 

 

「お風呂にする?

ごはんにする?

それともあ・た・し?」

 

 

 

↑これもトレードオフという

概念なんですよ汗

 

何かをするために何かを捨てるということを

無意識のうちに行っているのです。

 

 

恋愛でもトレードオフは必須である

恋愛でもトレードオフの概念は

必須になります。

 

 

それは、もてないクンはいろんなことを

頭の中でやろうとするからです。

 

 

実際に俺のことをいっておきますと、

 

昔の俺は彼女を作るために

 

何をしていいのかさっぱり

わからなかったんですよね。

 

 

 

だからこそ「会話の方法」やら

「街コンの出会いや」

「モテる心理学」など

 

 

ありとあらゆる手法に

 

手を出してはあせっていました汗

 

 

 

だからこそお金と時間を

払うだけで

なーんも成果が出ないという

悲しい思いをしていました。

 

 

だからこそいろんなことに

手を出していれば

器用貧乏というか・・・・

 

なーんもできない悲しい

貧乏君になってしまうのです汗

 

だからこそ何かをするときは

するという

ことが鉄則になります。

 

 

(実はトレードオフをさらに

バージョンアップさせた

とんでもない概念も存在します)

 

 

(特典として限定コンテンツ

で公開する予定です ボソッ)

 

 

細分化×トレードオフの概念を掛け合わせることで一気に高みに上れる

細分化とトレードオフ

 

2つの概念についてお話をしました。

 

結論から言いますと

この2つの概念は掛け合わせてこそ

大きな効果を発揮するようになります。

 

 

このブログの目的は

彼女を作るでしたね。

 

 

 

ではではまずは彼女を作るための

工程を細分化してみましょう。

 

彼女を作る

まずは女性と知り合う

外見などを工夫し嫌われない
工夫を行う

会話などリサーチを行い
いつでも食いつけるような話題を準備しておく

表面的な会話だけじゃなく

お互いに感情表現が

できるようになる

 

・・・・・・・

(ここから先は

推奨教材、限定コンテンツ

を参照してください)

 

 

これはさっきの例をそのまま持ってきました(笑

 

 

このようにまずは分解してみましょう。

そうすることでやるべきことが見え

「どうすれば彼女が出来るか・・・」

ということがイメージできるようになります。

 

 

 

そして分解することができれば

その工程に従い

階段を上っていくだけです。

 

 

ここでトレードオフの出番です。

 

 

たとえばまずは外見作りをしていこう・・・

となったら徹底的に外見作りを

勉強し実践するようにしましょう。

 

 

ひとつの分野をある程度確立させるのです

(そのためにほかの分野は一時的に

捨てます)

 

 

土台ができれば次へ進みます。

このように

 

選択→集中→選択→集中→選択

という工程を繰り返していくことで

 

いつの間にか効率的に

彼女を作ることができるように

なっていくのです。

 

 

 

これはまさに必須スキルなので

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

PS

このブログの方針は

彼女を作るということです。

 

 

でも決してあせらないで

無理をしないでって

何度も俺が言うのは、

今回記事で紹介をした

細分化×トレードオフ

 

という概念を大切にしてほしい

からなんですよ。

(とうとう種証をしてしまった・・・)

 

 

千里の道も一歩から

 

時には休んで

前へ進んでいきましょうね。

 

心から毎日応援していますよ