どうも!フックンです。

 

突然ですがあなたは
デートに誘って断られた
経験はありませんか?

 

 

「ねえ?金曜日ご飯でもいかない?」

 

「ごめんなさい。その日は
用事があるからいけないの?」

 

 

そう。断られたら
「そっかーまた今度」という感じで
へこみながら返事をしてしまいますよね。

 

(このときはむなしすぎて
泣きそうになるよね)

 

 

「ああ誘わなければ
よかった・・・」とか自己嫌悪に
陥って再起不能になります。

 

 

 

で、こんな感じで自己嫌悪に
なるのは死ぬほどもったいないです。

 

 

 

そう。断られてへこんじゃうんなら
次につなげてチャンスをもぎとろうよ
という話なんですね♪

 

 

 

(そう。この前向きな思考は大事です。
俺もこんな感じで彼女いない=
年齢から脱出することができました)

 

 

 

で、今回は
デートに断られたときにも

大きな効果を発揮する
シュガーランプの法則を
紹介していきます。

 

 

 

気軽に使える心理テクニックなんで
ぜひしっておいてくださいね♪

 

 

 

デートに断られたを巻き返す・・・・シュガーランプの法則とは?

あなたは勇気を出して
女の子をデートに誘いました。

 

(慣れていないうちは
めちゃくちゃ緊張しますよね汗)

 

 

「ごめんなさい。用事があるの・・・」

 

 

そう。ここで大半のモテないクンは
立ち直ることができなくなって
しまうものです。

 

(もちろん俺もそんな感じでした
気持ちは死ぬほどわかります汗)

 

 

「もうだめだ。俺はだめだ・・・」
そうやって好きな子から遠のく人もいます。

 

 

 

そんな人こそ起死回生のテクニック
シュガーランプの法則を使ってほしいのです。

 

 

シュガーランプとは
一言で言うと
砂糖の塊です。

 

 

具体的にどうすればいいか
なんですが・・・・

 

 

デートに断られたときに
あえてほめてみるという
恋愛テクニックなんですね♪

 

 

「えっほめるの?」
とびっくりしますよね汗

 

 

でもほめることで相手の心象を
よくして次につなげることが
できるようになります。

 

 

人はほめられると
基本的にうれしいものですよね。

 

 

 

うれしくなると
ガードまでもがゆるくなるのです。

 

 

「ああこの人ほめてくれたし」
と今までデートに行くのをガード
していた女も

 

 

 

「いっていいかな」と承諾をする
可能性が高まるのです。

 

 

 

で、シュガーランプを利用

断られたらほめるだけなんで
かなり簡単なテクニックなんですね。

 

シュガーランプが女の罪悪感を埋めてくれる

人は断るときこそ罪悪感を
得てしまいます。

 

 

「ああ断ったら悪いんだけど
でもなーやっぱりいけないや」
と頭の中で葛藤してストレスを
感じてしまうんです。

 

 

で、そんな感じでストレスを受けている
状態で

 

「ええ、そんなこといわないで
一緒にいこうよー」とかいってしまうと
最悪の場合怒らせてしまうんですね。

 

 

 

で、当然アウトですよね。
もうデートに誘ってもこないのは
まるわかりですね。

 

 

 

だからこそシュガーランプを
使うことで・・・
女の子の罪悪感を軽くすることが
できてしまうのです。

 

 

 

 

罪悪感が強すぎると
最悪の場合あなたとの関係も
絶つということも考えられます。

(そうかなり残念ですね)

 

 

罪悪感をとってあげることで

「ああ断っても大丈夫
そうね。ホッ」と安心感を
植えつけることができるんです。

 

 

+断ったときでさえも
ほめられていい気分にさせてくれるのですから

 

 

「じゃあ次誘われたら
いってもいいかな♪」とハードルを
下げることができてしまうんですね♪

 

 

シュガーランプと一緒にあわせたい恋愛心理学

断られたら
まずはほめて
女の子にいい気分になってもらう。

 

 

これをするだけで
基本的に誘ったことは
リセットすることができます。

 

 

で、ころあいを見計らって、
また誘えばOKです。

 

 

でシュガーランプのほかに
誘う成功率を上げる方法として
使ってほしいのがダブルバインドという
恋愛心理学です。

 

 

[悪用厳禁] 極悪詐欺師も使う5つの恋愛テクニックを具体例つきで解説

でも紹介をしていますが・・・

 

 

ダブルバインドという心理学で
2つの選択肢を提示することで
基本的に断れないという
状況を作り出すことができます。

 

 

 

「今度ご飯にいかない」というよりも

「●●ちゃんが食べたいって言ってた
お店両方知っているよ。
魚か肉かどっちがいい?」

 

とあえて選択肢を
提示することで

 

断らないという状況を
つくり出すことができてしまうんです。

 

 

シュガーランプが
守りの心理学だとしたら
ダブルバインドはまさに
攻撃の心理学といえますね♪

 

 

シュガーランプの法則、ダブルバインドを用いた返事の具体例

「うーん。なんとなく
理論はわかりました。」

 

 

「でも具体的に
どうやって使ったらいいんだよう」
と思いますよね。

 

 

 

ここからは
シュガーランプとダブルバインドを
用いた具体例を紹介していきたい
と思います。

 

 

 

「ねえ。今度水族館にいかない?
みたいっていっていた
ジンベイザメが泳いでいるよ」

 

 

「ごめんなさい。
今仕事が忙しくて・・・
手が離せない状態なの」

 

 

「そうなんだ?仕事が忙しいんだ?
●●ちゃんは本当にがんばりややな
俺の会社に一人はほしいよ」

→シュガーランプでほめる

 

 

「えーがんばりやとか
初めて言われたよ」

 

 

とほめることで
断られても彼女に
いい印象を与えることができます。

 

 

で、ほめるポイントですが
これは基本的に自分が
気づいていない部分をほめることが
大事ですね。

 

 

ジョハリの窓を利用した女性への信頼獲得方を紹介

で詳しいほめ方を
話していますよ♪

 

 

 

シュガーランプとダブルバインドをあわせた例

「ねえ今度
ご飯でもいかない?
魚料理のおいしい店を
見つけたんだよ」

 

 

「ごめんなさい。
最近仕事が忙しくて
暇がないの」

 

 

「そうなんだ?仕事が
忙しいんだね。
大丈夫?●●ちゃんはいつも
一生懸命だからね。
俺の会社に一人でもほしいわ笑」

 

→シュガーランプの使用

 

 

「えーそんなことないよー
仕事だしねー」

 

 

「いやいや今週は忙しいから
がんばってね。
じゃあ来週か再来週の
どちらかは空きそうかな?」

 

→ダブルバインドの使用

 

 

「うん。再来週だったら
いけると思うけどなー」

 

 

こんな感じで

 

デートに断られる

一度シュガーランプでほめて
やる気をあげる

 

ダブルバインドで日付の
選択を行い、あえて
日付を選ばせるという選択肢を
取る

 

 

という手順で

具体例を出しています。

 

 

とりあえず
断られたらほめておいたら
いいんだなとわかりやすいので

 

 

シュガーランプは即戦力が高い
心理学といえるでしょう。

 

 

 

断られたらとりあえずはほめて起死回生しよう

「デートに誘うのが怖くて
なかなか言い出せない・・・」

 

そんなあなたは断られても
ほめるという選択肢を
とってみることがベターです。

 

 

もちろん起死回生できるからと
何度も断られてほめるのは
なかなかいただけませんね。

 

 

だからこそ重視してほしいのは
会話×マインド(価値提供です)

 

 

 

会話でとにかく女の子の感情をつかんで
マインドで恋愛を上手く運んでいく・・・

 

 

そうしていくことで
相手の女性から価値を感じてもらいやすく
なるんですね。

 

 

そう。それだけ
価値を感じてもらえれば
デートに誘っても
成功する確率が上がるのですね。

 

 

そしていつしかあなたの
大好きな子がそばにいる・・・
そんな未来も広がるんですね。

 

 

もちろん断られてからの
対処法も大事ですが・・・

 

 

デートに誘うまでの対策を
心おきなくやっておきましょう。

 

(もちろんこのブログでも
ノウハウを公開していますので
ぜひ見てくださいね♪)

 

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪

 

 

フックン

 

 

 

TOPへ戻る

 

フックンの思い

 

コンテンツ一覧