フックンフックン

この記事を見ることで

 

バーナム効果というものはいったい何か

バーナム効果で女の子と信頼を深める方法

バーナム効果を使う上での注意点

 

などがわかるようになります。

 

 

どうも!フックンです。

今回は恋愛心理学である
バーナム効果というものを
紹介していこうかと思います。

 

 

バーナム効果を知っておく
メリットは

「すごい。あたっている。私のことをわかっているんだね」

 

 

と好きな子に信用と共感を与えることができることです。

 

 

 

深層心理を利用して
誰でも当てはまるようなことを
あえて言葉にすることで、

「当たっている」かのように
錯覚をさせることができるからですね。

 

 

これは恋愛心理学の中でも即効性の高いテクニックです。

 

 

 

普段使うような言葉を用意して
それを女の子に口にするだけでいいからですね。

(ようは早くて簡単なんですね)

 

 

では実際にバーナム効果について見ていきましょう。

 

 

自分に当てはまっていると錯覚するバーナム効果とは?

恋愛心理学であるバーナム効果とはいったい何か?

 

 

結論から言いますと
人はある程度同じような特徴を持っていて
それを言われると「私のことだ」と錯覚することを言います。

 

 

たとえば深層心理でいけば
男は誰もがスケベだというのはよくわかりますね。

 

 

で、もしフックンが占い師の人に
「あなた見かけによらずに相当スケベな人間ね」といわれたとしますね。

 

 

 

で、それを言われた俺本人は
「やべえまじで当たっているわ。すげえな。
俺のことを何でもわかっているな占い師」と目を点にして尊敬するんですよ。

 

 

 

こんな感じでバーナム効果というのは占い師が好んで使う心理学の一つです。

 

 

その理由は想像しやすいですよね。

 

 

ああ。この占い当たってる。」と思わせることで信用してもらうことができるからです。

 

 

 

 

言うまでもありませんが信用してくれたらまた顧客となって占いに通ってくれますね。

(ちょっとやらしいな笑)

 

 

 

そんな感じで占い師は
信用を得るためにバーナム効果を巧みに使っているんです。

 

 

ではどうして大方の性格を言われたら
私たちは「あああてはまる・・・」と錯覚するのでしょうか?

 

詳しく見ていくようにしましょう。

 

 

バーナム効果の秘密だいたいの性格を言われると「ああ自分のことだ」と錯覚をする理由とは?

バーナム効果ですが・・・

どうして「大体の性格を言われると」
当てはまるって錯覚をしてしまうのでしょうか。

 

 

これは結論から言いますと

 

自分の無意識が言われたケースの思い出を自動的に探し出してくるからです。

 

 

「・・・ううむわからない」でしょう(笑)

 

 

もっと簡単にいうと「あなたは実は傷つきやすいんだね」
って言われたとしたら・・・

 

 

「そうだな確かに傷つきやすい場面って
あったよな」と過去を回想するんですね。

 

 

まあたいていの人は「傷ついた体験」っていうのはしたことがあると思います。

 

 

その体験を思い出して
「ああ確かに俺傷つきやすいな」
とまるで言われたことにあてはまるかのように錯覚をしてしまうんですね。

 

 

彼女いない=年齢の人も同じです。

 

 

「女性とかかわるのってすごい怖いよね」って言われたとします。

 

 

 

そうしたら彼女いない=年齢の人は
「女性とのかかわりで失敗した過去」を自動的に探しだしてしまうんですね。

 

 

 

 

「思い出すと女の子に嫌われてばかりだな」と思い出しては怖さを実感します。

 

 

そんな過程を得て「ああ。女性って本当に怖い」と納得をするんですね。

 

 

 

そして、彼女いない=年齢じゃなくても大方の男性は当てあまるって思うでしょう。

 

 

なぜなら恋愛で失敗した経験なんて誰もがあるからです。

 

 

 

たとえイケメンでも
「女性にこっぴどく振られたこと」がありますよね。

 

 

 

だからこそイケメンでも
「ええと。そういや女性にこっぴどく振られたな」
とその思い出を思い出して

 

「ああ俺も女性とかかわるのが怖いときがあるわ」

 

と自分にあてはまっているかのように錯覚をするのですね。

 

 

バーナム効果の使いかた(相手に言葉を受け入れてもらうことが重要)

大方の性格を指摘することで
だいたいの人は「当てはまっている」と錯覚をする。

 

 

それを利用することで
相手に「ああこの人よく見ているのね」と思わせ
信頼を抱かせることができます。

 

 

 

なぜなら人は自分のことをわかってくれる人に、
必然的に信頼を寄せるからですね。

 

 

 

ただ、バーナム効果の使い方を誤ると
信頼されないどころか不信を抱かれることもあります。

 

 

 

「あなたに私の何がわかるの?」と時には
痛いカウンターを食らうこともあります。

 

 

 

そうならないためにもバーナム効果は
正しい方法で使いこなしていくということが重要になります。

 

 

 

そこで意識をしてほしいのが
自分の言葉を相手に受け入れてもらうっていうことなんですね。

 

 

 

ではそのことを詳しく見ていくようにしましょう。

 

 

バーナム効果を得るにはお世辞ではなく相手を分析して伝えることが大事です

見出しから結論ですが・・・・

 

バーナム効果を正しく活用するにはお世辞を言うだけではだめです。

 

いかに相手を分析しながら言葉を届けていく・・・

その考えが大事になります。

(非常に大事なことを言わせてもらいました)

 

 

理由は

人はお世辞のような表面的な言葉は受け取らないからですね。

 

 

言葉を受け取らないということは「自分のことではない」と思うんですよね。

 

 

たとえば

「●●ちゃんってやさしいよねー」って急に前触れもなく
いわれたら女の子はどう感じるでしょうか。

 

 

「ええ別にそんなことないけど」と受け入れられませんよね。

 

 

 

もっと深層心理でいうと

「は?私のことよくわからないのに
何をいっているの?もしかして社交辞令?」という風に不振を抱いている状態なんですね。

 

 

そう。何の前触れもなく
お世辞を言っているようでは相手には決してあなたの言葉は受け入れられません。

 

 

言葉が受け入れられないということは
まさにバーナム効果が意味をなさないということですよね。

 

 

 

だからこそ言い換えると
あなたが相手のことをしっかり分析して性格を言い当てれば・・・

 

 

 

相手に「これは私のことを言っているのね」

 

 

すごく当てはまるわーとあなたの言葉を受け入れてもらえるようになります。

 

 

 

受け入れてもらえば相手は
「ああ私の性格当てはまるな」と錯覚してもらえるんですよ。

 

 

バーナム効果が発揮されるということですね。

 

 

 

たとえば占い師であれば

カードをめくったり・・・・水晶玉に手をかざしてみたりして・・・

 

 

 

まるで相手のことを分析しているかのように動作を演出しますよね。

(すいません。本当に分析をしていたらすみません)

 

 

 

その動作を見ることで
「ああ私のことをしっかりと占っているのね」と集中させることができるのです。

 

 

 

バーナム効果を効果的に活用するために 分析を用いた相手への性格の伝え方

分析をしておくことで相手に

「私のことを考えてくれているんだ」とわかって聞いてもらえる。

 

 

そうすることで相手に言葉が受け入れられます。

 

そうすることでバーナム効果が発揮されるのでしたね。

 

 

「じゃあどうすれば相手に分析をしながら
性格をいうことができるの?」と疑問に思うでしょう。

 

 

で、結論から言いますと

分析しながら性格を言い当てるには
2面性という考え方を利用するといいです。

 

 

 

よい部分と悪い部分をあわせて伝えていくことで
「ああこの人はよく考えているな」と思わせることが可能なんですね。

 

 

 

「よく考えている」と思わせることができれば
自分の言葉は相手に受け入れてもらえるようになります。

 

 

そうるとバーナム効果が発揮され
「ああそれ私にあてはまっている」と思わせることができるものですよ。

 

 

ではここからは
2面性を用いた性格の言い当て方の
具体的な方法を見ていくようにしましょう。

 

 

2面性を用いた性格の言い当て方(具体例)

じゃあ2面性を言い当てるには
どうしていけばいいか?の具体例を見ていきましょう。

 

たとえばあなたが

「君はすごくおしとやかだね」とバーナム効果を
使って相手に伝えたいとしますね。

 

 

そこで何の分析もなく
「君はおしとやかだね」といっても
相手から「どうせ世辞だろ」とつき返される可能性が高いです。

 

 

そこで意識をしてほしいのが
「君はおしとやかだね」でも実は・・・・

 

「実は」という思考をあなたの頭の中に
問いかけてみるのです。

 

 

「君はおしとやかだね」でも「実は」・・・

そう問いかけるだけで2面性が生まれるんですね。

 

 

おしとやか「実は」男勝りなところもある

 

おしとやか「実は」負けん気が強い

 

おしとやか「実は」裏で何を思っているかわからない

 

と「実は」と問いかけることで
2面性を抽出することができるようになるんですね。

(非常に簡単でしょう)

 

 

ここまでOKですね。
あなたが伝えたい正確に「実は」を問いかけて
2面性を出していくようにしましょう。

 

 

次に注意してほしいのは伝え方という部分です。

 

 

2面性を用いて効果的に性格を相手に伝えるには・・・・

「実は」という言葉を使い
2面性をあぶりだすことができたら

 

次は、悪い部分→よい部分の順番で
相手に伝えていくようにしましょう。

 

 

最後にいいことを言うことで
「ほめられた」というよい印象を与えることができるからです。

 

 

人に攻撃されたら「だまれ」と言葉を受け入れたくないですよね。

 

 

例えば

 

「おしとやか」と「男勝り」という
2面性を用いて性格を伝えたいのであれば・・・

 

 

「男勝り」→「おしとやか」の順番で
伝えていくことがいいでしょう。

 

 

具体的にしてみると・・・・

 

「●●ちゃんさ。実は男勝りじゃないの?
内に秘めているんじゃない?そんな面を
もちながらいつもおしとやかにしているのは
すごくすごいよね」

 

という風に

「男勝り」→「おしとやか」と順に性格を言い当てるといことです。

 

 

そうすれば

「この人はいい面もいうだけでなく
悪い面も合わせて言ってくれるのね」よく考えているんだな。

 

 

とあなたの言葉が届くようになるわけです。

 

あなたの言葉が届くと
彼女は無意識に言い当てられた性格を回想します。

 

 

「ああ確かに私は男勝りなところもあるな。
でも人には気を使っているものね」
と相手に当てはまっていると納得させることができるようになるのです。

 

 

悪い面→良い面を伝えていくことで
相手に言葉が届きバーナム効果が発揮されるんです。

 

 

バーナム効果が発揮されると
「私のことをよくわかっている」と共感しあなたへの信頼を深めてくれるんですね。

 

 

 

恋愛でバーナム効果を利用する/まとめ

長々と話をしてきましたが

バーナム効果を恋愛で応用する方法について

 

 

人から性格を言い当てられると
「だいたいそうだな」と自分で勝手に納得する
(バーナム効果)

 

 

バーナム効果を言い当てられることで
「私のことをわかっているな」と思わせ
共感と信頼を得てもらうことができる

 

 

バーナム効果を効果的に活用するには
分析をしながら相手に伝えること

 

 

 

分析していることをアピールするには
性格の良い面と悪い面を合わせて
2面性を利用していくこと

 

 

ということです。

 

 

バーナム効果を利用することで
女の子から信頼を勝ち取り
関係性を深める手助けをしてくれるんですね。

 

 

非常に簡単なんでぜひ活用してくださいね。

 

ただバーナム効果を学習するだけでは
彼女ができるわけではありませんね。

 

 

理由は1つの心理学を習得するだけでは
数ある女の子との場面に対応することが
できないからですね。

 

 

たとえば女のコがすこぶる機嫌が悪いとして

「あなたの性格は●●だよね」とバーナム効果
を試している暇はありませんよね(笑)

 

 

だからこそ1つのテクニックに依存することなく
総合的に学習をしていかないといけません。

 

そして言葉のやりとりのツールである
会話をしっかりと習得をしていくことが
求められます。

 

下の記事では会話が恋愛で
いかに大事かっていう内容と
「どうすれば会話が上手くなるか」

ということを書いていますので
興味あれば見てみてくださいね。

 

99・9%断定!恋愛では会話が最重要要素である

 

 

そして
1つのテクニックに依存するだけでは
モテるどころかますます
モテなくなる可能性もあるんですね。

 

 

 

下の記事では

テクニックに依存すればするほど
モテなくなるという話をしていますので
あわせて勉強してはいかがでしょうか。

(もちろん無理にはいいません)

 

(悲劇すぎる・・・)恋愛テクニックだけを勉強しているやつほどモテない理由・・・

 

 

以上です最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

TOPへ戻る

フックンの思い

恋愛初心者の深淵(全記事一覧)