久々に同級生に会ったら

気まずかったフックンです。

 

 

今日は「なんだか運動しなきゃ」と思って

散歩をしていたんです。

 

 

そうしたら商店街のほうで

昔の同級生にばったりと出会いました。

 

 

でもしゃべってない。お互い目を合わせただけ笑

 

 

 

ああいうときってなんだかきまづいですね。

もう何年も会ってないしほとんど会話も

したことがない。

 

 

 

でも目を合わせると

「うーんなんだか会話をしたほうがいいのかな?

でもきまずいなあ。どうしようもないなあ」

とか心の中でものすごい葛藤をします。

₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

 

 

 

結局お互い話すことも泣く

さーっと別れただけでした。

 

 

 

その後、またいつもどおりの日常が

始まりました・

 

 

あーなんだか気まずかったなあ。

 

 

 

と前置きが長くなりましたが

本題に入っていきたいなと。

 

 

 

 

僕は今ではお笑い芸人が好きです。

「何でこんな突込みをするの?」

とか関心させられてしまいます。

 

 

 

 

特にサンドイッチマンが

びっくりするぐらいに好きです。

 

ああ。すごい面白いすきすぎる

˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧

 

 

 

こんな感じでシュールにつっこみと

ぼけのコラボがまじでたまらんわー。

これローソンと絡まって

「ちょっとローソンにいっちゃおうかな」

とかなりますよね♪

 

「うっひょーい。コンナオンナナラサンドイッチ状態だい!」

 

 

一昔は面白い芸人が大嫌いでした

ぶっちゃけますが、俺は一昔

面白い芸人が嫌いでたまりませんでした。

 

だって面白いことをすらすら言って

笑いとって女にもモテモテなんだもん。

 

 

中学生ぐらいのとき

ベースよしもとっていう若手芸人の集まりが

あって、

この人気が半端なかったのを覚えている。

 

 

 

そして「どんだけ女おんねん」っていうぐらい

いつも黄色い声援に包まれていて

うらやましすぎて仕方がなかった。

 

 

 

当時の僕は女性ともまともに話したことは

なかったし、むしろ付き合うなんて

異次元の世界のことだと思っていた。

 

 

 

結局はアニメの世界で満足していたし、

お●●ー終わったら

「あーむなしい。なにやってんの俺?」

みたいな感じで泣きそうだったわ。

 

 

 

だから嫌いだった。

モテまくる若手芸人は嫌いで仕方がなかった。

(ようはうらやましかっただけなんだけどね)

 

 

 

自分にはあんなに楽しく話す才能はない。

だからオンナなんて絶対にできない。

それは間違いない。

 

 

と勝手に運命にしていたね。

 

 

でも俺の考えはある時点で変わった(芸人が面白い理由)

そんな芸人嫌いだった俺も

25歳のときに考え方が変わった。

 

 

それは不細工な癖にやたらとオンナと付き合いまくっている

友達のB君に教えてもらったからだ。

 

 

「俺がもてるんわ。色々勉強しているからや。

お前は何もしてないし。できひんいうてるだけやろ?

芸人もな。しぬほどイメトレしてるんやぞ。

毎日毎日話す内容とか全部でざいんしているんやぞ」

 

 

 

って聞いて俺ははっとなって聞き返してみた。

 

「えっ芸人ってアドリブとか才能ちゃうんけ?」

とB君に聞き返すと一括。

 

 

 

「あほかそんな人間おらへんわ」

(ちょっと言い方にいらっとした笑

 

 

ここでいつの間にか芸人のイメージが

変わった。

 

 

彼らが面白いのは才能ではなかった。

むしろ努力とか復習をやったり

勉強をしまくったのだ。

 

 

 

だからこそここぞといわんばかりに

シュールなつっこみも交わすし、

神的なボケも交わしたりする。

 

 

 

そんな事実を知って

俺もなんだか胸騒ぎが

かくせなくなった。

 

 

「そういや。いつもモテないって

うなっているだけでモテるために

何もしてこなかったなー」と。

 

 

 

そこから俺は一心フランに勉強した。

女性の心理学とか、会話術とか

メールとか・・・・

 

 

 

とにかくモテるために勉強をしまくった。

そして学んだことが血となり肉となるように

実践をした。

 

 

 

そうしたら今ではどうか?

いつの間にかかわいい顔をした女が

俺の横で寝ている。

甘えてくる。

 

 

 

あれだけできないっていっていた彼女が

簡単に作れるようになっている。

 

 

 

彼女の笑顔を引き出し、

涙まで流させるぐらいに感動させられるように

なっているとかマジか・・・?

 

 

 

そう。あるきっかけは勉強をして

とにかく実践したことだ。

 

 

 

お笑い芸人が面白いのは準備しているからだ

決して才能ではなかったんだ。

この事実が俺に勇気を与えてくれるように

なったんだ

 

 

 

PS

ここから先は興味ない人は

読まないでください。

 

 

最後らへん自慢っぽくなりましたが

自慢ではありませんのであしからず。

 

 

 

ようは才能とかマジで関係ないよ

っていいたかっただけです。

 

 

 

実際数多くのお問い合わせの中に

「こんなかわいい彼女ができるとは

思いませんでした」とか普通にきます。

 

 

 

 

だからこそ才能とか関係なしで

訓練しだいで彼女は簡単に作ることが

できるのです。

 

 

 

 

(むしろこんなブログを呼んでくれている

あなたなら間違いなくポテンシャルが高い

と断言することができますฅ(ミ・ﻌ・ミ)ฅ

 

 

 

だからこそそんなあなたを俺は応援したいし

恋愛を成就させるための情報を

余すことなくこのブログで

引き続き発信していきます。

 

 

 

 

※問い合わせてくる読者さんが

最高に役立てている教材を

今度紹介してみようかと思います。

(もちろん興味なければ

するーしてもらって大丈夫です(´。•ㅅ•。`)

 

 

ではでは

風邪引かないでね♪

TOPへ戻る

フックンの思い

コンテンツ一覧