どうも!

 

犬にはやたらと好かれる

フックンです。

 

犬が、ぺろぺろなめてくるので

(あっあっ・・・心の準備が笑)

 

 

犬の話をしているんじゃねえよ」

 

「女の子の話でこの記事を見ているんだよ」

(はい。失礼しました・・・)

( T_T)\(^-^ )

 

 

では本題に入っていきましょう。

 

今日はおどおどを克服する

方法についてです汗

 

 

フックンもおどおど人間でした汗

 

 

おどおどビクビクしている自分が嫌い・・・」

 

「周りからの視線が気になる・・・」

(ああ。いやだいやだ・・・)

 

「女性を目の前にすると

真っ暗になってしまう・・・」

 

「なんとかオドオドを克服したい・・・」

 

この記事を読み始めた皆さんは

 

こんな悩みを抱えていませんか?

 

 

「はい、その通りです。」

 

とおもったそこのあなたはラッキーです。

 

 

この記事では

 

元びくびくおどおどマンの

 

俺がどうやってオドオドを

 

克服したのかについて説明します!

 

「私たちにオドオドしちゃだめよ?」

「はっひざまずきます。お願いです。

俺をおもちゃにしてくださいーーーはあはあ

 

 

オドオドしている人の特徴って?

まずは自分がどんなオドオドなのかを知ることが

オドオド克服のための第一歩です。

 

「まずは原因を知ってつぎにつなげていくのさ?」

 

はいそのとおりです汗

 

 

ここではオドオドしている人によくみられる

3つの原因についてお話します。

 

おどおどしてしまう原因その1  一目がきになって仕方がない

 

極度の恥ずかしがりや、または極度の人見知り

人と会ったり話したりしようとすると

 

体が緊張してびくびくしてしまうのは

一目を気にしてしまうことが多いです。

 

 

わたしも一昔前はまったく同じことで

悩んだ事があります。

 

(ああ。どうして俺はこんな

ことになりたくないのに・・・)

 

 

初対面の人とかそうでない人とか

 

関係なしにとにかく周りの視線が気になって仕方ない。

 

これがオドオドしている人の特徴的な部分の一つです。

 

特徴その2 自己主張ができない

あなたはどんな人に対しても

自分の思いをつたえることができますか?

(いや・・・それ苦手汗という人は

多いのではないでしょうか)

 

 

おどおどしている人は当然のごとく

自分の思いを伝えることが

できない人が多いのです。

 

 

 

やりたくないことを頼まれたときに

それを断。

 

ほかの人と意見が違ってもそれを言う事ができない・・・

 

周りの人から嫌われたくないという思いが

 

これらの症状を引き起こします。

(ああ。本当はいやって言ってやりたいのに

人を前にするといえないんだば)

 

自己主張ができないということも

 

オドオドしている人の特徴なのです。

 

 

特徴その3 自分を否定的に捉えている

 

オドオドしている人は

 

自分がオドオドしているということを

自覚している場合が多いです汗

 

それゆえに自分に

自信を持つことができません。

 

自分と違う意見を持つ人がいたら

自分が否定されていると考え不安になり、

 

自己嫌悪に陥りやすいのです。

 

 

自分は周りの人から好かれていないという気持ちが

 

潜在的にあるということです。

 

 

そのためいつまでたっても

 

オドオドを克服できないという

 

悪循環に陥ってしまうのです。

 

 

オドオドを克服する方法

ここまでオドオドしている人の特徴について

 

お話ししました。

 

 

ここからはそんなオドオドを克服する

 

3つ方法について私の実体験も交えてお話しします。

(ハレンチな実体験だったらすみません汗)

 

 

克服法その1 オドオドしている自分を受け入れる

 

これがオドオドしない人になるために

 

最初にやってもらいたいことです。

 

 

特に具体的に何か行動をするわけでなく

ただ意識的にそういった考えをするだけで

気持ちが楽になります。

 

 

 

オドオドしているありのままの自分を

 

受け止めることで考え方が楽観的になります。

 

 

 

俺がやっているお勧めの方法は

夜寝る前に「大丈夫大丈夫」

と何度もあたまの中で唱えることです。

 

 

そして楽観的な心の準備ができたら

 

克服法その2やその3の方法も

 

試してみてください。

 

克服法その2 成功体験を大切にする

オドオドしている自分を受け入れた後に

 

するべきなのは成功体験を大切にするということ。

 

 

 

オドオドしているひとは自分が失敗したことばかり頭に残り、

 

自信がない時に自分の成功体験を思い浮かべることができません

 

 

成功体験は○○さんと目を見て話せた、

自分の意見を相手に伝えられたなど、

どんな些細なことでも構わないのです。

 

(おすすめは1分間成功への

イメージをしっかり行うことです。

毎日行うことで自信がみちあふれてきます)

 

 

かつてオドオドを克服したいと思っていた私は

 

成功日記というタイトルで、

 

自分が成功したことを毎日一つ書き記していました。

 

 

そうすることで

 

自分を肯定的に見つめることができたのです。

 

 

(実は今でも自信がなくなりそうになった時に

 

見直して元気をもらっています。)

皆さんもぜひ成功日記をつけてみてください!

 

 

克服法その3 スポーツをする

考えてみるとスポーツをしている人って

 

明るくて社交的な人が多いですよね。

(というかムキムキマッチョに

おどおどした人なんていない笑)

 

 

それは、スポーツをすると

ストレス解消になりますからねー。

 

動くことで

爽快感を満たすことができます。

 

 

(おどおどとはある意味エネルギー

なんですよね。だからこそ、

外にたまったエネルギーを

出してあげましょう)

(///՞ةڼ◔///)

 

 

また、日光を浴びて運動をすれば、

 

別名幸せホルモンと呼ばれる

 

セロトニンという物質がどくどく

出てくれます。

 

 

セロトニンが増えれ

ば心が安定し

明るい人になることができるのです。

(あああ。明るい俺

明るいぜ・・・)

 

 

また運動をすることで

 

テストステロンという物質も

 

生み出されることがわかっています。

 

 

セロトニンで心が穏やかになって

テストテロンで男らしくなる。

 

まじで最高です。

 

 

体も鍛えられて最高に気持ちが

よすぎます。

(*∩∀∩*)ワクワク

 

ああああああーー

気持ちいいぜー

 

まとめ

この記事では、

 

 

・オドオドしている人の特徴
・オドオドの克服法

 

について説明しました。

 

オドオドを克服したいと思っている人は

 

とりあえずオドオドしていても

 

いいのだという意識を持ちましょう。

 

「絶対におどおどしてはだめだ・・あー」

って悩むのは心に悪いです。

 

(だから悩まなくていいんです。

大丈夫ですよ(՞ةڼ◔)☝

 

 

自己愛の国で人が発見したことがどれほどあるとしても、

まだ、そこには未知の土地がたくさん残っている。byラ・ロシュフコー(文学者)

 

 

この記事を読んで下さりありがとうございました。

 

この記事が皆さんのお役に立てると嬉しいです♪