「はあーとにかくね・・・・

苦手意識をもつまえに

自分のいやな部分を相手に

出すことができれば

案外ふっきれるんですよね。

 

 

つまり自分を下げることで、

「女性と話すなんてまだましだな」

と基準を下げることができるように

なります。

 

 

 

・女性と上手く話せない。

 

・女性と目を合わせられない。

 

・女性に良く思われたい。

 

 

・男性となら楽に話せるのに

女性が相手だとなぜがアガッてしまう。

 

 

・女性に声をかけることが出来ない。

 

・女性となるべく距離を置いている。

 

 

そんな人はできる限り自虐ねたや

失敗談を思い出してみましょう。

 

(そうすることで

自分のかっこつけレベルを

下げることができるからです)

 

 

女性に格好良く見られたい

女性とぎこちなく話せなくて

恐怖を感じるのです。

 

 

理由は以下のストーリで

解説をしています。

 

 

かつて女性が苦手すぎて悩んでいた俺・・・・

過去の恋愛でとても

 

辛い思いをしたのでトラウマがある。

 

以前に女性から陰口を言われた事がある。

 

などなど

 

 

苦手意識は

 

コミュニケーションの取り方が分からないパターンと

 

過去の事が原因でトラウマになってしまっているパターン

の大きく2つに分かれます。

 

 

 

他にも様々な原因がありますが

私はコミュニケーションの取り方が

分からず女性を避けてきました。

 

(なあどうやって女性と

はなせばいいの?

教えてよ。教えてよー汗)

みたいな感じです。

 

 

 

私だってもっと空気が読めて

 

コミュニケーションが上手く取れれば

 

友達も増えるし

 

彼女も出来るはずなのにっ

(悔しかった・・・怒)

 

 

 

実際に私の周りのコミュニケーションが

上手な友達は人にかこまれていました汗

 

 

彼女はもちろん

先輩から後輩まで沢山の友達もいたし、

人脈もありまくりでした。

(なんで俺にはいないんだ?

うらやましくもねてましくも

ありました)

 

 

とてもパリピな人生に見えて

「うらやましいなぁ~っ」

「同じようになれたらなぁ~」

ってあこがれていました。

 

・・・・・

って何か行動するわけではなく

妄想を繰り返す毎日でした(笑)

 

(この口だけ人間め。

俺なんてしょせん・・)など

自分でつっこんでいました。

 

 

 

 

そんなボッチな私は悔しくて

 

密かに女性とコミュニケーション能力が

 

高い男性の観察をはじめました(笑)

 

 

 

私も同じことをすれば彼女が出来るはずだ。

 

と信じて。

 

 

女性が苦手をものともしないたった一つの事実

 

そして遂にキラキラした男性の正体を

 

暴くことが出来たんです。

 

 

空気が読めるから?

しゃべりが上手いから?

女性に好かれる事を言えるから?

 

 

確かに空気が読めてしゃべりも

上手くて女性に好かれる事が

言えたらモテるでしょう。

 

 

でもそんなことできる訳がありません。

 

 

しかし本当にそうでしょうか?

 

実は自信満々に見えるキラキラした

 

男性はコミュニケーションが上手

 

なように見えるだけだったんです。

 

 

どうゆう事か?

 

 

それは、

 

もし失敗しても立ち直る方法とか

 

ストレスを軽減させる方法とかを

 

知っているだけなんです。

 

 

 

だからこそそんな男性は

 

断られても何度も何度も

 

立ち上がります。

(まるでだるまのように・・)

 

 

自分自身で立ち直れたりストレスを

軽減出来れば女性の苦手意識の負担が減り

自信満々にしゃべれるように見えます。

 

 

 

女性の好かれる事を言わないといけないとか、

空気を読みなさいとか、

しゃべりが上手くならなくても

大丈夫です。

 

つまり、失敗しても

何度も立ち上がる方法を

みつければいいです。

 

 

自分自身のストレスを

 

上手く軽減させる方法や

 

立ち直る方法を見つければいいだけなんです。

 

 

実際に女性と上手に話せている人も

パーティーばかりしている訳ではなく

 

自分だけの時間を持っていたり、

不安も感じています。

 

 

ストレスも感じています。

 

空気も完璧に読めるわけが無いんですよ。

 

 

だた不安やストレスを

 

自分自信で軽減させて

 

気持ちを安定させているんです。

 

 

 

だから失敗しても

 

気にしないで会話もできるし

 

次に進めるんです。

 

 

そして慣れてくると

 

好かれる事を言わないと」

 

と自分自身を追い込んでいた

ストレスを感じなくなってきます。

 

 

 

自分の格好つけを克服して女性苦手を克服するための方法

そんな簡単に会話するときに

ストレス軽減できるわけないじゃん。

と思った方、ご安心ください。

 

 

誰でも

 

簡単に速攻で不安な気持ちや

 

ストレスを軽減する方法があるんです。

 

 

それは自虐ネタを取り入れる。

 

言いたくなければ

恥ずかしかった事や

失敗した事を思い出すだけでもOKです。

 

 

 

たとえばお笑い芸人さんも

顔が大きかったり

背が低かったり失敗した事だったり

人間のコンプレックスのような

所をあえて話して面白くしていますよね。

 

 

 

恥ずかしい事や

失敗した事を話したり思い出したりする事で

 

 

「自分ってたいしたこと無いなぁ」

「失敗したけど別にやってこれたじゃん」

「あの時に比べたらたいした事ないな」

 

自分自身が持っている見栄だったり

 

プライドを下げることによって

 

女性への恐怖感のレベルも下がるんです。

 

 

 

ちなみに私は50人くらい集まった会で

乾杯の挨拶を急に降られて

「楽しみましょう。ん~~~乾杯」と

メチャクチャな挨拶をした事があります。

 

 

 

今でも思い出すだけで後悔するばかりです。

 

「それにくらべたら

女性とはなすとか案外簡単じゃないか・・」

と思うようになりました。

 

 

女性が怖くなったらそれを思い出して

女性への恐怖を即効で打ち消しています笑

 

 

 

実際に女性との会話で相手に

100%好かれるなんて絶対無理だし、

「好かれる言葉」なんて相手によって全く変わってきます。

 

 

 

正解の言葉なんて無いし。

 

だから失敗してもいいじゃない、

 

人間だもの(笑)

 

 

気が楽になれば

 

意外と面白い事や言えたり

 

柔軟な対応が出来たりします。

 

 

 

自分の長所にうぬぼれてはならない。

自分の短所に劣等感をもつ必要もない。

長所も短所も天与の個性、持ち味の一面なのである

 

松下幸之助

 

 

長々と

 

私の体験を読んでいただきありがとうございます。

よければお試しくださいね