どうも!

フックンです。

 

 

今回は女を自由自在に操る妄想
の習慣についてお話をしようかと
思います。

 

(フックンに興味がなければ
読み飛ばしておいてもらってOKです)

 

 

 

 

 

俺は寝る前に必ず

頭の中で妄想をする癖があるんですよね。

 

(ちなみに小学校低学年から)

 

 

 

 

 

で・・・昔の話をすると

あきらかに妄想の内容と

現実で起こる出来事がかわってきているんですよね。

 

 

 

 

 

まず思春期から

女の子と話したくて仕方が

ありませんでした。

 

(というかむらむらして

しかたがなかった)

 

 

 

 

 

でもそんな思いも裏腹に

寝る前は必ず女に嫌われる妄想しか

できなかったんですよね

 

 

 

 

 

「きもい。あっちいけよ」

そう女の子から扱われる妄想しか
浮かんでこなかったんですよ。

 

 

 

 

 

というのも昔から何もとりえがなくて

親にほめられた経験もまったくない・・・

 

 

 

 

 

無口で暗いとかいわれて

毎日毎日部屋のすみっこで

くらしているようなフックン・・・・・

 

 

 

 

そんなんだから寝る前に

「女の子と付き合いたいし
話したいよ」

 

とか思っていても

 

 

 

 

まったくもってそれとは裏腹の

逆の妄想が浮かんできたんですよね。

 

 

 

 

そんな妄想は10年以上毎日毎日

続いていきました。

 

 

 

 

で・・・その妄想と比べて
現実はどうだ?

 

 

と見比べてみるとやっぱり

結果はおんなじでしたね。

 

 

 

女性から「あっちいけよ」とか言われる

 

 

格好だけつけるけれど
まったく話すことができずにもじもじ

 

 

「俺女に興味がないね」とか

まるで女に興味のないふりをする

 

 

 

女が話しかけてくれても

「目をわざとそらして」

まるで興味のないようにふるまう

 

 

 

そう。完全に寝る前の妄想と

 

現実に起こることが

 

びっくりするぐらいにリンクしていたのです。

 

 

 

 

そう。いつまでも哀しい妄想と

哀しい現実・・・・・

 

 

 

「もうこのまま俺の人生は

こんな感じですぎるのか・・・」

まじでそう思っていました汗

 

 

 

 

だけど26歳のときにあるけいきが

おとづれました汗

 

 

 

 

というのも

高校時代の友人が

急に美女をつれて

歩くようになっていたからですね。

 

 

 

 

「なんで?なんで?あいつが・・・」

そう。うらやましく思った反面

 

 

「俺もいけるかもしれない」とも思ったのも
事実なんですよね。

 

 

 

 

 

(だって高校の友人のB君は

ぶっちゃけ不細工だったからです)

 

 

 

 

 

何でそんな美女をつれているのか・・・

 

B君にきいてみると

 

「つきあえるやん誰でも・・

やり方しだいやろ」

とはっきりとイメージをもっていたんですよね汗

 

 

 

 

 

 

「フックンは自信というか

いつもうまくいかんことばかりを

考えているやろ?悲劇のヒーローや」

 

 

 

そう友人に言われたんですよね。

 

 

 

 

 

最初はむかつきましたが

時間がたって考えてみると

 

「ああ確かにいつも
自分のほうからぶちこわそうとしているな」

 

とふにおちることもしょうじきありました汗

 

 

 

寝る前には
「毎日女性に嫌われている妄想をしている」

もしかしてここに原因が
あるんじゃないかと思ったんですよね汗

 

 

 

 

ちょうどそのときB君に刺激されて

「俺もがんばらないと」と思い

いろんな心理とか会話とか

勉強しはじめたんですよね。

 

 

 

 

でちょうど出会ったのがマインドフルネスの
本でしたね。

 

 

 

そこに書いていたのは
「寝る前にイメージしたことは
そのままの結果になることがおおい」

というものでした。

 

 

 

・・・・

 

・・・・・・・

 

 

これ完全に俺やんけ・・・・

 

気づいてはっとしたのを覚えています。

 

 

 

 

 

そう俺は寝るまえに毎日毎日

女性に嫌われることを妄想していたわけですよ。

 

 

 

 

 

いつもどんなシチュエーションでも

どんな女の子と話をしていても

まったくもって嫌われる・・・・

 

 

 

「次も嫌われるんだろうな」とまさに

地獄のように続いていくロード・・・・

 

 

 

これを10年間ずーーーーっと妄想していた

わけです。

 

 

 

 

 

だからこそこれを機に

「寝る前の妄想を変えよう」と思いました。

 

 

 

 

女性とつきあって最高の感情をもっている自分

 

 

友人に自慢しまくっている自信満々の自分

 

 

そんなそんな自分を寝る前に

毎日毎日妄想し続けたのですね。

 

 

 

 

そしたらいつの間にか彼女ができていたんですよね。

 

 

 

「えっまじか・・・」

そう自分で自分をつっこんでしまいました汗

 

 

 

 

はじめての彼女ができて

2人目の彼女ができて・・・・

 

そうしていくうちに

俺の妄想はいつの間にか進化をとげました。

 

 

 

 

 

 

そう。女性を自由自在に操る妄想です。

 

もうかれこれそんな感じで

妄想している期間が1年間ぐらいですかね。

 

 

 

 

それに伴いさらに心理学や

恋愛ノウハウにも磨きをかけるようになりました。

 

 

 

 

 

 

そしたらやっぱり現実も

女性を操ることができるようになりました。

 

 

 

 

・あなたしかいないと女性の心を
自由自在にあやつることができる

 

 

 

・無限に女性との出会いが
つくれるような感覚になる

 

 

 

 

・自分をあがめる女性まであらわれる

 

 

 

まさにそんな超越的ともいえる

感覚に進化していたのです。

 

 

 

 

・・・・と今のお話を
させていただきました。

 

 

 

 

で、なんでこんなお話をしたかというとですねー

 

 

自分の意識から
未来は作られるということを
伝えたかったからですね。

 

 

 

しかもその自分の意識っていうのは

絶対的でいるように見えて
案外ころころ変えることができるわけですよ。

 

 

 

 

だからもしも今あなたが

彼女できたことがなくて

あせっている・・・・

 

 

 

 

彼女が出来るきがまったくない・・・

 

 

 

 

そう感じているのであれば

寝る前に妄想をしてみましょう。

 

 

 

 

かわいい彼女があなたのそばにいて
なんでもしてくれる

(もちろん●●なこと)

 

 

 

自信満々にどんな女とも話せる

 

 

 

そんな場面を全力で妄想してほしいのです。

(もちろん毎日毎日です)

 

 

 

 

知らない間にあなたは勝手に動き出して

学びはじめます。

 

 

 

 

そしていつの間にか妄想が現実に
かわってしまう・・・・

 

 

 

 

そんなみらいが必ずきます。

 

 

 

 

 

そうあなたの先には
明るい未来がまっているのですよ。

 

 

 

 

さあどんどん近づいていますよ。

一緒にいきましょう。

 

 

 

 

フックン

 

 

 

 

⇒TOPへ

 

⇒恋愛初心者の深淵(全記事一覧)