「●●ちゃんと付き合いたいな♪」

 

そんなメールを送っては

撃沈をしまくってきたフックンです汗

 

 

そんな悲しい経験をしてきたわけですが・・・

 

 

もっとショッキングだったのが

女性たちの間であだ名をつけられていた

ことでした汗

 

 

ある男性の友人が・・・・

「なんかお前積極的なオクテって

呼ばれているらしいぜ・・」

 

 

 

へ・・・・σ( ̄、 ̄=)ンート・・・

 

なんでじゃあああああ

 

 

 

正直顔から火が噴出して

友人の顔をまともに見ることが

できませんでした。

 

何よりも惨めでショックでしたね。

 

 

「何だよ積極的なオクテって・・・」

そんなモテない頃を経験して

多少モテるようになった俺ですが。

 

 

よくよく考えると

致命的な間違いをおこしていたことに

気づいたのでした

 

 

 

これを見ているあなたは

「積極的なオクテ」と呼ばれないためにも

正しい好意の伝え方を紹介していきます。

 

惨めな思いをするのは

正直俺だけで十分です汗

 

「こんな感じかな・・・・」

積極的なオクテって汗

 

 

モテない人がしてしまう好意の伝え方の徹底的な違い

 

ではモテない人が無意識のうちにやってしまっている

徹底的な好意の伝え方の違いを

おつたえします。

 

 

それは、

モテない男は顔を見ないで積極的に好意を

伝える。

 

 

だけど

あったときはもじもじとして

話すことができない・・・

ということなのです汗

 

 

 

たとえば俺の例でいうと、

昔の俺はこんな感じでメールを

好きなこに送っていました。

 

 

 

「●●ちゃんかわいいよね。●●ちゃん

みたいな人と付き合いたいな」

 

 

 

と感じで・・・・・・

で、リアルであったときは

どんな感じかというと・・・・・

 

 

「・・・あの・・・その(緊張したりしてキョドったりして

話しかけることができない・・・・」

 

 

とまるで間逆のキャラクターを

演じてしまうのです汗

 

 

 

当然・・・当事者の女性は

俺のことをこんな感じで

思っていたと思います。

 

 

「なんだこいつは?キャラが全然

違うじゃねーか」

 

 

 

 

そんな感じで相手にもされなかったですし、

むしろ「なんだこいつは」みたいな目で

見られたこともありました。

 

 

 

 

「なんでなんでなんで?俺そんな間違ったこと

しているのか?何で彼女ができないんだ

ふざけやがって」と怒りに狂ったりしました。

 

 

 

 

うつモードに突入しているときは

 

 

「どうして俺はこんなんだろう・・・

ほかの人がうらやましい・・ううう」

 

 

てな感じで悲しみにうちしがれたことも

ありました。

 

 

モテる男はメールでは簡単にすませてリアルでアプローチを行う

モテる男は、メールでは簡単にすませてしまいます。

 

 

 

「ああ次の日あいてる?

ああ。じゃあ何時で」

みたいな感じで簡単にメールを

すませてしまいます。

 

 

 

その代わり、リアルでは

積極的に女性と会話をします。

 

 

「俺さこんなことがあってさ。

まじで最高の気分になったんだよね!」

 

 

身振り手振りを使って、

感情を最大限に表現して

女性のふろころに入っていくのです。

 

 

そして、女性が話しはじめると

積極的に女性の話を聞きまくります。

 

 

「うんうん。わかるわかる」と

積極的に共感をして女性に

価値を与えまくるのです。

 

 

 

そして・・・いい感じになってきたら

 

 

 

積極的にボディタッチをしたり、

危険を匂わせるような好意の言葉を

いい感じでささやいていいます。

 

 

 

リアルな時間を濃密に過ぎして

女性を全力で楽しませます。

 

 

だけど、
帰宅してからは「楽しかった」ぐらいで

たいしたメールはおくりません。

 

 

こんな感じで女性の心を

射止めてしまうものです。

 

 

「はあ●●クンなにをしているのかな?

メールをしてもかえってこないな。

早く会いたいな♪」

 

 

と女性をとりこにしてしまうのです汗

 

 

どうしてこのようにアプローチに差が出るのか・・・それは自信と恐怖

モテない男とモテる男・・・

 

どうしてこんなに差が出るのか・・・

それは自信と恐怖の関係が成り立つからです。

 

 

まずモテない男は

基本的に自信がありません汗

 

 

 

「だって女性に好きっていわれた

ことがないんだもの」

 

こんな感じで成功体験を

経験していないからです。

 

 

 

 

しかし、モテる男は

女性と付き合いどんどん自信をつけていく

公式がなりたちます。

 

 

 

意中の女性に「あなたと付き合いたい」とか、

「あなたは本当に最高の人・・・」

 

 

とか言わせることができるので、

「そうだな俺はいい男なんだな」と

自信がついてしまっているのです。

 

 

(そう考えると自信は結果ともいえるかも

しれません。そう考えると

なんだか残酷な気もします汗)

 

 

 

モテない男は自信がない・・・

 

それは上記でお伝えしましたね。

 

しかし、

肝心な問題はそこからです。

 

 

 

 

モテない男は自信がないので

女性という実物が近くなるにつれて

どんどん恐怖が増大していくのです。

 

 

 

だからこそメールという

顔の見えない非日常的空間では

恐怖から開放され心が大きくなります。

 

 

「●●ちゃんみたいな人とつきあいたいな」

とかさらりといえてしまうわけです。

(メールの文面ですが汗)

 

 

 

そこで彼女と会うとなると実物が

どんどん大きくなっていくわけです。

 

 

「よーし、今日は絶対に彼女と

話をしてやるぞ!」と気合を入れても

好きな子を目の前にすると

まったく話をすることができずに

もじもじとしてしまう。

 

 

 

恐怖に支配されておどおどしてしまい、

気づいたら女性に嫌われてしまい、

取り返しのつかないことになってしまうのです。

 

 

 

※これは26年間生きてきた中で

かなり核心に近いマインドセットだと

思うので読者さんであるあなたは

ぜひ知っておいてほしいです。

 

 

じゃあモテる男みたいに自信をつけろ!という気はありません

 

モテない男は自信がないので、

実物の女性に恐怖を抱いて

めーるで口説いてしまう。

 

 

逆にモテる男は自信があるので、

実物の女性にぐいぐいと

余裕を持って口説くことができる

ようになる

 

 

勘のいいあなたはお気づきでしょう。

 

 

つまり極論自信を持つことができれば

恐れることなく女性をくどくことが

できるということですね。

 

 

じゃあ自信を持ちなさい!

というつもりはそうそうありません汗

 

 

 

理由は自信は結果だからです。

 

 

女性に「あなた格好いいね」とか

 

「好きだよ」といってもらった後の

 

結果なのです。

 

 

 

 

「そもそも女性と接したことも少ない」

という男性がどうやって自信を持つんだ

という感じです。

 

 

 

だからこそ高額塾や詐欺教材のように

「自信を持ちなさい」と安易にいうのは

俺は嫌いなんですよね。

 

 

(いやそもそもどうやって持つの

具体的な方法を教えてよ・・・・)

 

って感じです。

 

 

再現性のない理想論ほど無駄なものは

ないと思っています。

 

 

でも・・・でも知識という武器を持つことはできます

「どうやったら自信をもてるか」

それは結果であり完全な自信をもつことは

難しいということを伝えましたね。

 

 

でも・・でもですね!

自信がないながらもモテる男と

戦える方法はあります。

 

 

それは知識という武器を持つということです。

 

女性心理を学んだり、

 

会話を学んだりして

 

 

女性をくどくための武器を身につけると

いうことです。

 

 

(今回の話を見るだけでも

あなたはひとつ武器を身に着けたことに

なりますね!)

 

 

有名なイソップ童話に

亀とうさぎのお話があります

 

足がのろいとウサギに馬鹿にされた亀は

山のふもとまで歩いて競争するという

勝負を持ちかけます。

 

 

スタートと同時にウサギは亀を大きく

突き放してしまいます。

余裕をこいたウサギは

「少し寝るかな」と勝負の最中に

居眠りをしてしまいます。

 

 

そこで亀は休むことなく地道に

ちゃくちゃくと歩みを進めます。

気づいたらウサギを大きく突き放して

勝利をしてしまいます。

 

 

「なんだ知っているよ」

とみなさんは思ったかもしれません。

 

 

 

じゃあ話は早い。

 

知識という武器を身につけて

ウサギであるモテ男を大きく

突き放してしまいましょう。

 

 

たとえば会話の方法を正しく学ぶだけで

 

女性の感情を引き出して信頼を

ぐっと引き寄せることができます。

 

 

(だからこそ推奨教材を実践している

読者さんは、百戦練磨のモテ男とも

渡りあうことができるのです)

 

 

 

そう。あなたは知識という武器を持つことで

顔だけのモテウサギを木っ端微塵に

粉砕することができるのです。

 

 

 

 

木っ端微塵に粉砕をして、

素敵な女性をいとめることができれば

それがあなたの自信になるのです。

 

 

 

本物の自信が芽生えれば

当然いろんな女性とも

勝負することができるのでむふふー

な状態になります。

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

この記事を読むだけでも

少しは参考になったかと思います。

 

 

「自分は女性と話することができない」

と悩む必要はないのですよ。

 

 

だって当たり前だからですよ!

 

 

あなたは女性になれていない

それだけなんですよ。

 

 

 

だからこそ、学習という人間の

最大の武器を身につけましょう。

 

 

 

そうすればあなたはモテ男よりも

高く飛ぶことができます。

 

 

 

あなたが全力で飛ぶことができるよう

最新のノウハウをこのブログで

提供していきます。

 

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

TOPへ戻る

フックンの思い

コンテンツ一覧

恋愛初心者に見てほしいコンテンツ