はあーお前消えろよ。

まじでうざいんだよ」

 

 

 

これは昔俺が

合コンのときに酔っ払った

ギャルにキレられた時です。

 

 

 

 

 

この日はショックがでかすぎて

四六時中布団の中から

起き上がることができませんでしたね。

(頭はげそうだったわううう)

 

 

 

 

「で、フックンさん?何をしたの?

もしかして襲おうとしたんじゃないの?」

 

 

 

 

いやいやさすがに

そんなことはようやりません。

 

 

(基本的に女性を落とすには興味がありますが

強引にとかは興味がないわけです)

 

 

 

 

で、何をしたかというと

話しかけただけなんですよね。

 

 

 

 

ただそれだけなんですが・・・

実は話しかけた内容が非常に

まずかったんですよ。

 

 

 

 

挨拶もせずに

「ねえ?彼氏いる?」

と聞いて怒らせてしまったんですよ。

(ギャルだけにどぎつかった)

 

 

 

 

だからそんな失敗経験もふまえて

 

今回は

 

 

 

好きな人に話しかけるときに

嫌われない会話というのを

テーマに話していきたいと思います。

 

 

 

 

「おいお前消えろよ・・・」

 

「うっ傷つく汗」

 

 

 

好きな人に嫌悪感を抱かれないように心がけたいことそれは必然性

「好きな人に話しかけて嫌われたくない」

 

 

「嫌われるまではいかないまでも

女の子に変な顔をされたくはない・・・」

 

 

 

 

そう考えているあなたが実践してほしいことは

会話の必然性を重視してほしいのです。

 

(もちろん強制というわけではありません)

 

 

 

 

 

よりわかりやすく言い換えると

会話しても当たり前の話題を

選んでいくということですね。

 

 

 

 

たとえば必然性をすっとばした例を紹介すると・・・・

 

 

 

 

街中で見知らぬ女の子が

早足で歩いているとします。

 

 

 

そこであなたがその子に声をかけました。

 

 

 

「ねえねえどこにいくの?」

 

 

「今からお茶しない・・?」

 

 

という感じです。

 

 

 

 

ただこう声をかけると

 

ほぼほぼ無視をされるか

 

 

「あっちへいけよ」と

 

一括される可能性が非常に

 

高いですね汗

 

 

 

 

つまりこの場面には会話の必然性と

 

いうものはなかったことになります。

 

 

 

(まあ普通に考えたらわかりますよね。

見知らぬお前になんでどこにいくとか

 

お茶しようとかいわれないといけないんだ

となりますからね汗)

 

 

 

 

 

じゃあ見知らぬ女の子に

このように声をかけてみるとしたら

どうでしょう。

 

 

 

「すいません。道を聞きたいのですが」

 

 

女の子「どこにいきたいんですか?」

 

 

「●●へいきたいのですが・・・」

 

 

 

女の子「ここの角を右にまがって

500メートルほど歩けばつきますよ」

 

 

 

「ありがとうございます。すごく助かりました。

今度お礼させてください、メールとか」

 

 

どうでしょうか。

 

さっきよりナンパの確率があがりそうですよね。

(まあまだまだ失敗するだろうが笑)

 

 

 

 

 

というか女性が会話してくれる確率は

 

一気に上がるでしょう。

 

 

 

 

 

これはさっきより必然性がましたためです。

 

 

 

道がわからないから誰かに聞かないといけない

 

 

だから声をかけられた。

 

 

 

 

そうやって筋道がたっているからこそ

 

女の子に嫌悪感を抱かれないで

 

自然に会話をできるようになっていくのです。

 

 

 

 

合コンでの反省をふまえた例

だから合コンでの反省を

ふまえるとすると・・・

 

 

 

「はじめましてフックンです。

血液型はB型です。

趣味は漫画を見たりするのは

好きですね。●●ちゃんは?」

 

 

 

「うーんそうだね。おしゃれがすきだな。

バックとか集めるのすごい好きだよ」

 

 

 

「本間や。●●ちゃんめっちゃおしゃれな

バッグ持っているもんな?

それどこのブランド?」

 

 

 

「●●っていうブランドだよ」

 

 

 

 

「●●っていうブランド聞いたことあるな

●●ちゃんと友達になりたいから

どんなブランドなんか教えて教えて」

 

 

てな感じで進めていくかと思います笑

 

 

 

 

初対面なので

自分から自己紹介するっていうのは

だいたいの人の中で常識になっていることが

多いですよね。

 

 

 

 

 

だからこそまずは自己紹介をして

趣味とか自分のことを開示してみました。

 

 

 

 

 

そして相手はどうなのか?ということを

質問していく。

 

 

(こうやって流れを作り出していくことで

自分も紹介をしないといけないな

と流れを作り出すことができますね)

 

 

 

 

 

 

いってみれば必然性の会話には

いかに自然の流れを汲んでいくか・・・

 

ということがポイントです。

 

 

 

 

 

昔マジカルバナナという

ゲームがまさにありましたが・・・

まさにそんな感じですね。

 

 

 

合コンといえば→自己紹介

 

自己紹介といえば→名前をいう

 

名前を言ったら→血液型

 

 

 

という風にいかに連想を行っていきます。

 

 

 

 

次の会話にどうつなげるかと

考えていくと自然に会話することが

できるようになっていきます。

 

 

 

事前にできるのであればその子の情報をリサーチしておく

「もっともっとスムーズに話したいよう・・・」

そう考えた場合・・・・

 

 

その子の情報をしっかりとリサーチしておくと

会話を連想させて話かけやすくなります。

 

 

 

 

たとえば合コンの席に

狙っている子が遠くに座っていたとする。

 

 

 

よくよく聞き耳を立てていると

 

「あたしビールが本当にすきなの♪」

という声が聞こえてきました。

 

 

 

そこで席替えタイムで

そのこと近くの席になった。

 

 

 

じゃあ何を話すべきかということですが

 

 

「そういやさっきビールがすきって

聞こえたんだけど・・お酒がすきなの?」

って聞いてしまえばOKです。

 

 

 

もちろん「聞こえたんだけど」という

理由はしっかりとつけたしておきましょう。

 

 

 

 

 

理由を言わずに「お酒がすきなの?」と

質問をしても・・・

 

 

 

「はあなんでこの人話したこともないのに

そんなことしっているの?きも」

と思われる可能性もありますから笑

 

 

 

こういう理由でこういう話を聞いた。

 

 

と必然性をもったシチュエーションを

説明できるようになっていればOKです。

 

 

 

 

だからこそ「あの子は何に興味があるのかな?」

 

 

「あの子はどんな話題に反応するんだろう・・・」

 

 

「どうやったら心を開いてくれるのだろう」

 

 

と相手の気持ちを考えることがリサーチなんですね。

 

 

 

 

 

だって自分の好きなことっていやでも反応するでしょ?

 

 

思わず反応せずにはいられない・・・

 

これが必然性というやつなんですね。

 

 

 

 

 

※後余談になりますが・・・

 

人というのは話すだけで

必然的に心を開いてしまう話題

というものが存在します。

 

 

 

また、人は感情という部分が

すごく大好きです。

 

 

 

 

たとえば漫画のワンピースが

飛ぶように売れているのは

感情表現がこれでもかっていうぐらいに

表現されているからなんです。

 

 

 

 

 

だからこそあなたが会話自体を

 

楽しむことができるようになれば

相手の女の子も必然的に楽しんでしまうもの。

 

(これも感情の必然性ですね♪)

 

 

 

 

ちなみにこの会話を楽しむという

発想は彼女を作りすごしてくうちに

どんどん身についていきます。

 

 

 

 

 

またあなたが恋愛心理や会話術を勉強しました。

 

 

そのとおり実践して相手の子が

思い通りの反応を見せれば

じゅわーっとアドレナリンがでてきて最高の気分です♪

 

(もうこの時点で男としての自信は

倍増してしまっているでしょう)

 

 

 

 

嫌われない会話・・・・それは必然性 まとめ

さあこれまでお話をしてきましたが・・・

 

 

会話をして嫌われないようにするためには

 

いかに必然性(自然な会話をしたか)ということが

びっくりするぐらいに重要になります。

 

 

 

 

逆をいえば・・・すぐに人が離れていってしまう人

 

 

会話の途中で話をさえぎられる人

 

 

などは必然性を踏まえていない

場合が多いのです。

 

 

 

 

たとえば社交パーティがあったとするじゃないですか。

 

 

そこで「俺不幸なことばかりを経験して・・・」とか

いったとしますね。

 

 

 

そうしたら間違いなく人は離れていきますよね笑

 

 

 

これって分析をしてみると

必然性をふまえていないんですね。

 

 

 

だって社交パーティに行きたい人って

どんな気持ちかというと・・・

 

 

 

 

明らかに楽しむ目的できているじゃないですか笑

(不幸になりたくてきている人は

おそらくいないでしょう)

 

 

 

 

だからこのときは

明るい話題を出して人を楽しませるっていうのが

必然性を演出すんですよね。

 

 

 

 

だからこそ日々の会話の場面

(誰でも・・・)

 

 

 

 

今は自然の会話なのか・・・

 

 

 

 

必然性の会話ができているのかと

相手の立場を考えていきながら

検証するってのもかなり会話力が身につきますよ♪

 

 

 

ましてやあなたは

みんなスルーするなか一生懸命

このブログで勉強してくれている

すごい人です。

 

 

 

 

そんなあなたには

女をはべらせるような明るい未来が開けている。

 

(まさにこれも必然性なんですね)

 

 

 

 

 

だからそんなあなたをコンテンツで

全力で助けていきたいと思います。

 

(これも必然性・・・しつこい笑)

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

フックン

 

 

 

 

⇒TOPへ

 

⇒恋愛初心者の深淵(全記事一覧)