「クソあいつはなんてかっこういいんだ・・・」

 

「そうあいつの顔はかっこうよかった」

 

 

一言でいうとイケメンというやつだ。

(もちろん俺は普通というか・・・並以下の男だった。だから超絶にムカついてねたましかった記憶がある・・・)

 

 

 

 

そして何よりも邪悪な心が芽生えたのは、数多くの女が群がっていたからだ。

(そのイケメン目当てで女子が集まっていたのだ。なんだこいつらキャンキャンメス犬どもめが・・)

 

 

 

逆に俺はねたましい反面こんな惨めな気持ちにもなった・・・・

(なんでだ・・・なんで俺はこんな地味な顔に生まれたんだ・・・くそが・・この不公平め)

 

 

・・・・・・・・

 

はい中学の頃の淡い思い出を思い出してみました汗

 

 

 

 

どうもフックンです。

 

 

「当時俺はイケメンがにくくて仕方がなかったです・・・」

 

 

「この世は顔がすべてなんだ・不細工は相手にされないんだ・・」

 

 

当時は真剣に信じ込んでいました汗

(だからこそ男子校だの女性がいないなどいってあきらめていたかもしれません)

 

 

 

 

でも・・・でもいまは違います。

 

だって俺は彼女を作ることができたからです。

 

(別に顔だけが全てではなかったということ、正しい知識と実践があればかわいい彼女を十分に作れることを実感しているからです)

 

 

 

 

この記事はイケメンであっても自信がないと全然モテないよ!という話です。

 

 

 

 

逆を言えば、不細工でも自信や正しい方法論を身に着けることができれば女性へのモテる条件をクリアすることが出来るようになります。

 

(これを知ったときは正直世界に光がさしたかのような感覚が生まれました。だからこそフックンは、この記事を見ている沈んだ気持ちの読者さんの

光になりたい。心からそう思っております)

 

 

 

 

 

 

ちなみにいくらイケメンでも自信がないと「女性からは高確率で相手にされません」

 

 

 

 

「あっあっあのぼぼ僕は・・・・」とかいってもたいていは「なんだこいつは?」という風に相手にしてもらえないんです。

 

 

 

「なんで俺はこんなイケメンなのに・・・」

モテないんだーーー

 

と残念なことになってしまいます汗

 

 

 

 

女性にモテるためのコツは興味づけ・・・しかし

まず女性心理のからくりに結び付けていくのであれば、女性にもてるためには興味づけをまずする必要があります。

 

お金を持っている

 

イケメン

 

スポーツが得意・・

このようにある特徴をもって女性の関心を引くという作業が興味づけという作業です。

 

 

もちろん目見えるものでなくても

 

会話術

 

性格

 

価値観に共感する

 

 

などいろんな状況で女性に対して価値提供できるので、いろんな角度から興味付けで攻めることができます。

(これを知って正直希望がさしましたね汗だって顔がすべてとか思ってましたから汗)

 

 

 

ただこんな感じで女性に興味付けできても、自信がまったくない状態であれば、すべてがむだになってしまう可能性があります。

 

 

 

たとえばあなたが超絶イケメンで戦闘力が100あったとして

(ああこんな戦闘力とか表現大好きだわ汗)

 

 

自信がまったくない状態だと

 

 

100×0=0(女性からはモテない)という

悲惨な状況になってしまうのです汗

 

 

 

だからこそ超絶イケメンでも自信がないかぎり、モテるということはありえないのです汗

 

 

逆をいえば多少顔が悪くても(戦闘力30ぐらいでも)自信が100であれば・・・

 

 

 

30×100=3000とかなりのモテ値を得ることができるのです。

(もちろん顔だけではありませんから。会話とか、恋愛心理を学べばどんどんモテ値を高めることができます)

 

 

 

 

だからこそフックンたち凡人や中の下だと思っていた人でも、やり方しだいでイケメンよりもモテることはできるようになるので安心してほしいのです。

 

 

 

 

(むやみやたらに自分の存在をひげしないでくださいね。あなたは無限の可能性を秘めているのです。フックンは全力でそれを伝えたい。だからこそ

やり方しだいであなたはかわいい彼女を簡単に作ることもできるのです)

 

 

そう。イケメンじゃなくてもあなたは、
こんなかわいい彼女を好きなようにできるのです。

(フックンのすけべめ笑)

 

 

 

 

自信を持つための手がかりを持つには女性へのイメージを高めること

 

イケメンでも自信がないように見えるとびっくりするぐらいにもてません。

(だからこそやりかたしだいで超絶イケメンを抜き去ることができるのです)

 

 

 

そんなときに何ができるか?というと、女性に対してよいイメージを持つことが一番の近道です。

 

 

 

理由はいいイメージを持っている人であれば自分から進んで話したくなるからです。

 

 

 

そこで手っ取り早くお勧めしている方法として、

イメージングにより女性のイメージを高めるという方法です。

 

 

 

・女性は常にあなたに対して好意的に話してくれる

 

・女性はいつも優しい

 

・女性はあなたを求めている

 

 

そんなな感じであなたと女性が楽しく好意的に話している姿を想像するようにしましょう。そうすることで想像がどんどん現実的に近づいていくようになります。

 

 

 

 

「最初はうまくできない」かもしれません。

 

 

 

しかしやればやるほどイメージは固まってくるのでどんどん習慣にしていくようにしましょう。

(そうするとどんどん明るい未来が開けていきます。この快感は言葉では言い表せませんぐふふ)

 

 

あなたにもそんな思いをしてほしい。フックンのたてた目標のひとつでもあります。

 

 

 

「女性はみんな俺のもの」

「俺のものだーー」

 

 

 

 

女性を怖いものとして捕らえると無意識のうちに疲れてネガティブに考えてしまう

考え方を変えよう。これまでとは異なる物差しでいろんなことを見てみよう。

正しい一歩を踏み出して愚か者に振り回されるのはもうやめよう。

ボブディラン

 

 

たとえば。女性を怖いもの。ハードルを高いものとして、捕らえると考えるだけで疲れてしまいませんか?

 

 

かつて俺は女性を見ただけで「女性は男性からアプローチされることを嫌う」という風に感じてしまっていました。

 

 

 

女性は女性同士でいることを好む

男子となんて話したくない!

という風に考えていました。

 

 

 

 

女性自身を非常にネガティブに捕らえていたんじゃないか?って

心から思います。

 

 

 

そうなるとですね。いざ女性と接していても嫌われたくないっていうネガティブな気持ちがびっくりするぐらいに出てくるわけですよ。

 

 

 

そんなんでは自信をもって接するなんてことはできるはずがありません。

 

 

 

イケメンでもネガティブに女性を捕らえれば自信がなくなる

イケメンで自信がない人を見ると

「何でこの人はこんなに格好がいいのに

自信がないんだろう!」って思いませんか?

 

 

 

たとえば超絶格好のいいイケメンでも

女性に対してネガティブなイメージを捕らえている

限りでは自信を持つことが出来ないものです。

 

 

 

 

女性は男性の敵だ!という苦手意識を持っているとたじたじとしてしまい。自然な会話そのものができなくなってしまいます。

 

 

 

逆を言えば、女性をいかによいイメージを持っているかで、

女性へ接する自然さが一気に倍増するものです。

 

 

つまり超自信があるかのように演出することができるようになるものです。

 

 

 

すごく好きな友達を思い浮かべてみてください。

基本的にあなたはその友達に対していいイメージを

持っているから自分からすらすらと話をしますよね。

 

 

このようにいいイメージを持っていると態度や話し方そのものが自信にあふれ自然なものになるのでびっくりするぐらいにモテてしまうのものなんですね。

 

 

 

 

だからこそとらえかたひとつで女性へのイメージが変わる。

 

 

そんな世界を体感してほしいのです。

 

 

 

(だって女性をネガティブに考えてうまくかかわれないのって本当に辛いでしょ)

 

 

 

 

「なんでなんでモテないんだ・・・」その気持ち痛いぐらいわかりますから。

 

 

 

だからこそ新しい世界を読者さんには見てほしいと心から思います。

(このブログを見てくれている読者さんには幸せになってほしい。そんな願いです)

 

 

 

 

あせらずにじっくりとイメージをしていきましょうね。

 

そうすれば道は開けるのです。

 

 

勇気は、人の偉大さをはかる物差しである。

自分の理想像のレベルに達するまで頑張ることだ

 

デールカーネギー

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

フックン

 

 

 

TOPへ戻る

フックンの思い

コンテンツ一覧

⇒恋愛初心者に見てほしいコンテンツ