どうも!高校生ぐらいのときはホストにあこがれていたフックンです。

(あこがれていただけです。あくまであこがれていただけなんですね。)

 

 

というのも男子校を中退した友人がまさかのホストをやっていたからです。

 

 

 

 

 

女をはべらせて「ピース」とかした写真を見ました、

(しかも髪がすごい。

歌舞伎?おまえは歌舞伎の俳優か?)

\\٩(๑`^´๑)۶////プンプン!

 

そんな友人は客をつけて

「毎日シャンパン飲んでるねん」みたいな感じでいうてましたがな。

 

 

・・・・・

 

・・・・・・・・

 

クソが!

₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

 

 

 

 

そんな感じで、腹ただしくて仕方がなかったわけです。

(そりゃキャバ嬢みたいな派手派手なおんなといちゃいちゃしていたわけですから。うらやましすぎるだろ汗)

 

 

 

 

だって俺はそのとき女とつきあったことすらなかったからですね。

 

 

しょうじき

 

 

 

うらやましすぎてうらやましすぎて

うらやましすぎたわーーーーー。

 

「ひゃっほーーーい楽園や楽園」

「グランシャトーやグランシャトーや

ひゃいひゃいー」

 

 

 

どうしてあんなにホストは女をはまらせるのか?

はっきりいって

友人もムカつくしホスト全般にむかついていました。

 

 

 

だって平然と

「女を自由自在に操っているからです」

 

 

 

 

平日のなーーもない日でも1本数十万円のシャンパンを意図も簡単に開けさせることができます。

 

 

 

 

「おい俺にもっとお金を使えよ」昔の超びくびくクンの俺にはそんなこと口がさけてもいえない。

(でもモテるホストは簡単にいっちゃいます。これがめちゃくちゃすごかった。当時は理解できませんでした汗)

 

 

 

 

たぶん抜かれるやろうな・・・

 

 

エンマ大王様にべろ完全に抜かれる

やろうな・・・・

べろ→舌→ベロ

ぐへへへへへへへ

(ノ*’ω’*)ノ~~~~♥) ◜◡‾)

 

 

 

脱線しましたが・・・・

 

ホストは平気で女性を自由にしてしまいます。

 

シャンパンを開けろといえば客はシャンパンをぱーんとあけます。

 

 

 

店に何度もこいといえば仕事中でもとんでくる女性もいるわけです。

 

 

 

 

借金を作ってでも、ホストにお金を使い続ける女の子もいます。

 

 

 

 

いつの間にか昼の仕事をやめて夜の仕事にはまりこんでしまう女性もいます。

(ああなんて無常なんでしょう。この世の中は)

 

 

 

 

そう。モテない男では考えられないようなことをホストは平然とやってのけます。

 

 

女性を思い通りにしてしまうのです汗

 

※もちろんホストは才能で女性を操っているなんてことはありません。

 

実際には女性の心理テクニックを実践しているだけなんですよ。

 

 

 

「才能なんてなくてもある程度知識をみにつければ彼女は作れる・・・」そんなコンセプトの下フックンは情報発信をしているのです。

 

 

 

 

ではでは・・・・・

お金を使わされて、夜の仕事に沈められてどうしてホストを愛してやまないのか。

 

 

 

苦しい状況の中で

夢中になってお金を使い続けるのか?

 

 

そこにはあるからくりがあったのです。

 

 

 

ホストに尽くせば尽くすほど女性を思い通りにすることができる認知的不協和という心理

まずどうして女性は

ホストを愛して、尽くすことをやめないのか?

 

 

それは女性が尽くせば尽くすほどどんどんそのホストを好きになっていくからです。

 

 

 

それは具体的にどういうことか?

 

正確にいうと認知的不協和という

心理が発動するのです。

 

 

 

 

認知的不協和とは詳しくいうと

 

認知的不協和とは、人が自分の中で

矛盾する「新しい事実」を突きつけられた時に感じる不快感のことを表す社会心理学用語です。

アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーによって提唱され、

マーケティングなどの分野において応用されています。

 

うーん。難しい俺の頭では

正直よくわからんわ汗

 

 

 

より簡単に言うと、

認知的不協和とは、「事実を」つきつけられると態度や行動を変えるという法則のことです。

 

 

 

 

たとえばホストの例だとホスト言われるがままに、シャンパンとかお金を女性は貢ぎます。

 

 

 

・・・・で、

普通に考えたらこの事実って

けっこうえげつないですよね笑

 

 

 

 

だってお金をみつがされるわけですから。普通に考えたら不快きわまりないわけですよ。

(自分がもしみつがされていたら・・・それ考えるだけでもぞっとしてしまいます汗)

 

 

 

 

 

じゃあその不快な事実から逃れるために女性は無理やりに考え方を変えるのです。

 

 

 

「あっわたしこの人のことが好きでしかたが

ないんだ。だからこれだけ尽くしているんだな」

 

 

 

 

「じゃあもっと彼を支えてあげないと

うふふふふふ」みたいな感じになるわけですよ

 

 

だからこそ身を粉にしても狂ったかのようにホストを支えまくるわけです。

 

 

 

 

ホストだけではありません。

 

 

 

 

上司の命令を聞く部下女性が恋をするってのもよくある話です。

(ああ。禁断や。禁断に興奮をするんやでわいは)

 

 

 

 

これもぶっちゃけ認知的不協和なんですよね。

 

 

ぶっちゃけ中年のおっさんやそこらに若い子が恋するってなかなかないじゃないですか笑

 

 

 

でもかわいいこが上司に恋するわけですよ。

 

 

つまり、「これだけ上司のために働いている。ああ私この人が好きなんだ」ってな感じに勘違いしてしまうわけですよ。

 

 

 

これも「働かされている」という不快な状況を回避するために自分自身が変化を起こすのですね。

 

 

 

 

うーーーーーん。

なんだかやるせないなーー

(‘(‘(‘・`ω’・`)`)`)いえあ

 

 

 

 

こんな感じで勉強をしていくと、

「これってうらやましすぎるだろう」

っていう事実も実はからくりがあることが

わかるようになっていきます。

 

 

 

 

そのからくりに気づいた人が人をひきつけてごっそりとかわいい女の子たちを一人じめしているというありえない状況を起こすことができるわけですね。

 

(※だからこそフックンはこんなおいしいからくりを発信していきます。だって一部の男性が女性を独りじめしているなんてなんだかやるせないじゃないですか!)

 

 

まわせまわせ。俺たちにも女を回せ!という感じです笑

 

 

 

追伸

こんな感じで物事の本質をみていくといろんなことに応用できるようになっていきます。

 

 

 

 

たとえば人をひきつけるすごい人が

いたとして、

「この人はなんてすごい人なんだ」って才能を感じて「なんで自分はないんだ」といじけることもなくなります笑

 

 

 

話が上手い人だって実はからくりにしたがって会話をしているだけなんです。

 

 

人の心をひきつけてふところに入る型をそのまま実行していだけなんですね。

 

 

 

「彼女ができない・・・」一人で悩むよりも人が残した型にしたがって実践すると「あれだけ悩んでいたのはなんだ?」霧が晴れたかのように感じることもありますよ

( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°

 

 

身振りや話し方が親に似るのには理由がある
子供は親を真似ることで親の権力を手に入れようとし、
結果として本当に似てくるのだ。

アルフレッド・アドラー

 

 

 

そう。このブログをまねてみてはいかがでしょうか?恋愛心理では誰にも負けない自身がありますから。

 

※もちろん無理にとはいいません。フックンについてきてくれる人だけでOKです!

 

 

 

フックンでした♪

 

 

 

 

 

TOPへ戻る

フックンの思い

コンテンツ一覧