どうも!フックンです!

 

この記事を見ることで

 

本気で好きになった女性にどうやって接していくか

 

本気で好きになった女性にしてしまいがちな間違い

 

本気で好きになった女性への具体的なアプローチ法

 

ということがわかるようになります。

 

では行ってみましょう。

 

 

「なんとしても本気で好きになった女性」を死ぬ気で落としたい。

 

 

そして、付き合いたい・・・

 

経験者なら誰もが思ったことがあると思います。

 

 

しかし、残念なことに・・・

 

「本気に好きになった女」に限って
致命的なミスを犯して失敗してしまう人は多いものです。

 

 

なぜなら
「本気で好きすぎる」という思考にとらわれ
冷静な思考や言動で女性とかかわることができないからです。

 

 

例えば・・・・

恋愛はホレたら負けだぜという言葉があります。

 

 

惚れてしまうあまり、
恋愛が上手くいかなくなってしまうんですね。

(感情にとらわれうまくいかなくなります)

 

 

だからこそ

「自分の感情」にそのまま行動するのではなく
正しい方法を学び実践することが恋愛を成功させる近道になります。

 

 

 

恋愛が成功し・・・
「もしも大好きなあの子と付き合うことができたら」
そう考えるとワクワクとしますね。

 

 

そんな未来に近づくことができるように
「本気で好きになった女性」への正しいアプローチを学んでいきましょう。

 

本気で好きになった女性がいる場合・・・どうやって接していくようにするか・・・

「本気で女性が好きになってしまった」
今もあなたはその子のことが頭から離れないかもしれません(汗)

 

 

じゃあそんな女性へどうやって接していくべきか・・・・

 

 

結論から言わせてもらうと
とにかくツンデレの法則が最適と考えます。

 

 

ちなみにツンデレとは・・・・

ツンデレは、特定の人間関係において敵対的な態度(ツンツン)

と過度に好意的な態度(デレデレ)の二つの性質を持つ様子、

またはそうした人物を指す。

wikipediaより引用

 

という意味ですね。

 

そのツンデレを恋愛に応用していくんですよ。

 

もっと厳密に言うと・・・・

 

 

ツン→普段「あなたが好きだよ」と
悟られないように接する

 

デレ→大好きな思いを態度や振る舞い
価値提供で表現する

 

ということなんです。

 

というのも、
「本気で好きになった女性」に心がけてほしいことは
女性に「好きだ」ということを悟らせないことなんですね。

 

 

 

理由は
「私のこと好きなんだなふんふん」と
簡単にいうと女性になめられてしまうからですね。

(その時点であなたは彼氏候補から消えます)

 

 

 

あなたが好きになってしまい
それを態度や言葉で表現することで主導権が女性に移ってしまいます。

 

 

つまり主導権を女性に握られることで
あなたは女性の下の立場になりますよね。

 

そうなると恋愛対象からはずされてしまうんですよ。

 

 

逆を言えばどんな状況でも
女性に主導権を握ってしまえば恋愛対象になることができます。

 

 

常に主導権をあなたが握ることで
女性は「自分は下」と感じて恋愛対象として
みる可能性がグンとあがるということですね。

 

 

あなたの運命を変える記事?恋愛で男性が女性の主導権を握る方法?

では主導権を握る方法を書いていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

ここまででまとめますと・・・

 

 

女性に「好き」と悟られないために
とにかく言葉や態度に気をつけていく。
(ツン)

 

 

その代わり好きな気持ちを
「いっぱい好きな子に特別扱いをするぞ」という感じで女性に価値を提供していく
(デレ)

 

 

この2つの心がけをしていくことがベストなんです。

 

それではこのツンとデレについて詳しく話をしていきましょう。

 

本気で好きになった女性に「言葉」や「態度」はツンを実行していくようにする

本気で好きになった女性にまずは心がけてほしいこと・・・・

 

それは「言葉」や「態度」で女性に好きと気づかれないようにすることが大事です。

 

「まじで好きで好きで仕方がない・・・」ですよね。

 

場合によっちゃ・・「すぐに告白をしたい」とか思いますよねえ。
(俺も経験あります)

 

 

しかし、前にも言いましたが

「好き」と女性にバレた(下心)を読まれた時点で
女性から恋愛対象としてはずされてしまいます。

 

だからこそ
「俺は別に好きじゃないけどね」と言葉や普段の態度で表現しておく必要があるのです。

 

 

実はデレデレだけど
「俺はツンなんだぜ」と示しておく必要があるんですよ。

 

例えば・・・・

 

「好き」と言葉にしない

 

「好きになりそう」とか口説かない

「俺のことどう思う?」とかいわない

 

「付き合ってみる」とか告白しない

 

態度でいうと

 

女性の言うことに何でも同意をしない
(好きになると何でもいうことをききます)

 

メールが来てもすぐに返信をしない

 

好きすぎるあまり挙動不審にならない

 

いじらないで何でもやさしくしない

 

緊張して女の前でもじもじとしない

 

 

じーっと目を見て同意を求めない

(モテない人ほど目を見て女性の同意を
求めようとする・・・)

 

 

こうやって自分が好きすぎるあまり
そのあふれる気持ちを・・・

女性の前に出さないということが大事です。

 

 

特に彼女いない=年齢の男は良くも悪くも
経験がないため素直すぎるんですね。

 

 

「好きすぎる」気持ちがありあまり
何でもその気持ちの通りに行動してしまうのです。

(ようは好きだから女性の前でデレる)

 

 

結果として
女性に気持ちを悟られてしまい
恋愛対象からはずされてさよならーってなりますね。

 

 

実際に俺も好きすぎて、
「付き合ってほしい」とメールで告白をして
ふられたりしたこともありました(汗)

 

 

こんな感じでモテない男は
「自分の心」に素直になってしまいがちです。

 

 

そこで、一歩冷静になってみて
「ツン」という気持ちで女性に接してみましょう。

 

 

「でも俺は好きなんだ」とデレの気持ちを
どうすればいいんだという人もいますよね。

 

 

次ではそのデレの気持ちをどうやって
活用していくかを話していこうと思います。

 

 

「本気で好きになった女性への気持ち」はとにかく価値提供に変えていく

「好きになった女性への気持ち」は女性への価値提供に変えていきましょう。

 

 

言い換えると
女性を楽しませるエンターテイメントへ
変えてあげるということが大事なんですね。

(デレの気持ちはとにかく活用していきます)

 

 

例えばですが
「本気で好きなった気持ち」があるから、
気になるあの子のことを全て知ろうと思えます。

 

 

あの子の趣味

 

あの子の大切にしている価値観

 

あの子の興味ポイント

 

などあらゆることを知りたいと思えるはずです。

 

もちろんストーカーでとことん調べ上げることは
だめですが・・・(笑)

 

あの手この手をリサーチできるはずですね。

 

 

そのリサーチした情報を下に大好きなあの子に
徹底的に価値を提供してあげるようにしましょう。

 

 

あの子が好きな映画の情報を
とことん調べあげて教えてあげる

 

あの子の大切にしている価値観に
徹底的に共感をしてあげる

 

あの子のがんばっていることを見つけて
とことん応援をしてあげる

 

 

 

こうやって「あの子が好きだからこそ」その全てをリサーチして受け入れる。

そして可能な限りその情報をを形にして価値提供をしてあげる。

 

 

そうすることで女性のほうが
「いつもありがとう」と興味を持ってくれるようになります。

 

 

価値を提供していくことで
「自分も何かお返しをしなきゃ」と
女性に好意の返報性の心理が働くからです。

 

 

興味を持ってくれるようになると
後は信用を勝ち取り希少性を高めることが
できれば恋愛対象に入ることができますよ。

 

 

「大切なあなたに離れることができない」
と女性があなたに魅力を感じるようになっていきます。

 

 

 

ちなみに下の記事では
興味から希少性を高めて女性を
口説いていく方法を詳しく説明しています

 

 

 

「女性を落とす順序がわからない」
という人はよければ学んでみてくださいね。

 

あなたが0から彼女を作るための3STEPの法則

 

 

 

話を戻しますと

「好きでたまらないからこそ」特別感を演出するという方法もあります。

 

 

例えば俺は好きな女性と食事をするとき
「好きだからこそお姫様」のように特別感を演出していくようにしていますね。

 

 

具体的にいうと

 

喫茶店に入ると女性の椅子をさっと
引いてみる

 

デートコースをきわめて自然にエスコートする

 

何かの脅威から安全を保障する
(たとえば車道を歩いているときは
自然と歩行者側に女の子を誘導する)

 

ハンカチを隠し持っておき
さっと必要なとき迅速に差し出す

 

 

こうやって極めて好きな子に
「特別感」を演出するようにします。

(もちろん下心をだしたりしないように注意をしながら)

 

 

 

そうしていくうちに女の子は

「フックンってすごく頼れるよね」って
潤んだ瞳でそういってくれるようになるんです。

 

 

こうやって特別感を演出して
デートに誘い女性を落としていく。

 

 

そんな流れを何度も経験してきて
そして成功をしてきました。

 

 

だからこそかなり再現性の高いノウハウ
だと感じていますね。

 

 

「本気で好きで仕方がない」という気持ちは
言葉や態度ではなく価値提供が大事です。

 

 

 

本気で好きになった女性にはどうやって接していく?/まとめ

 

「本気で好きになった女性にどうやって接していくか・・・」

を長々と話してきましたが・・・

 

一言でまとめると「ツンデレ」を上手く使い分けるということです。

 

 

「女性に好き」とバレてしまわないように
言葉や態度で悟られないようにしていく。

(ツンを実行する)

 

「本気で好きになった」という気持ちは
女性の価値提供に徹する

(デレを活用していく)

 

 

言い換えると、いかに「好きと女性に悟られない」で価値提供をできるかが大事になってきます。

 

そうすることで
女性の恋愛対象に入ることができ
価値を提供していくことで女性の興味を引くことができるからですね。

 

 

 

今回の話もそうですが・・・

恋愛というのは「ただ心の赴くままに」やっても
上手くはいかないんですよね。

 

 

 

例えば「好きに玉をけっていればいいや」という
感覚でプロサッカー選手になることはできませんよね。

 

 

正しいやり方やルールを覚えて
実践していくことでプロサッカー選手の
道が開けてくるようになります。

 

 

恋愛も同様で正しい順序を学ぶことで
好きなこと付き合える確立はグンとあがるものなんですよ。

 

 

逆を言えば「自分の赴くままに」していると
いつまでも間違いに気づかない可能性もあります。

 

 

間違いに気づかないと極端な話
一生彼女が出来ないということもあります。

 

 

一生彼女ができない結果

最悪の場合孤独死という未来も覚悟しなければなりません。

 

 

下の記事では「彼女ができない徹底的な理由」

を詳しく述べています。

 

 

それを知り原因を知ることが
まず彼女を作るマインドの一つになりますので
興味のある人はぜひ見ておいてくださいね。

 

 

「どうやっても一生彼女ができない男性」の超現実的な3つの理由

 

 

以上です。最後までよんでいただき
ありがとうございました。

 

 

フックン

 

 

TOPへ

 

⇒フックンのプロフィール