どうも!フックンです。

 

これはかつて23歳ぐらいに真剣に

悩んでいたことです。

 

 

それは男子校出身だと

びっくりするぐらいハードルがあがる!

 

ということを雑誌で目にしたときなんです。

 

 

 

 

なっなんやと・・・

俺めちゃちゃ当てはまっているやん。

俺完全に男子校に当てはまっているやん。

 

 

 

 

ざわざわっつ・・・まるで、背中の力がすーっと抜けたような感覚におそわれました・・・

 

 

 

 

(やばいやばい。やばい。俺ってアウトじゃねえか?アウトじゃねえか?)

 

 

 

 

てか彼女もおらんわ、彼女いない暦=年齢やわ

 

正直・・・・

死ぬほどあせったのを覚えています。

 

 

 

 

「なんで俺は男子校にはいったの?

なんで?なんで?」

とうらみつらみに自分の運命をのろったこともあります。

 

 

 

では

「なんで男子校出身は結婚のハードルが

あがるのか?」

 

ということを延々と述べて生きたいと思います。

 

「男子校はワシとしか結婚できないんだばい」

「んなわけあるかあーーーーー」

 

 

※もちろんこれは男子校出身の人をこきおろすものではありません。

 

 

女性なれしていない男子はどうすればいいか・・・その解決策も提示していきます。

 

 

そりゃそうです。男子校だから=彼女できない・・・そんな運命に従うにはフックンは絶対にいやだったからです。

(もちろんこの記事を見ている読者様もそんな運命を背負わせたくはありませんから汗)

 

 

 

早わかり!男子校出身だと結婚のハードルが高くなる理由を調べてみた結果・・・

男子校出身の俺は早急に結婚のハードルがあがりやすい理由について調べまくりました。

 

 

 

「なんでなんで俺は結婚できないんだ?」

 

 

「将来かわいい彼女をもらって結婚してぐふふしたいのに、なんでだ?なんでだ?」

かなり正直笑

 

 

 

だって俺は結婚したいからだー!

 

 

なんとか・・・・

なんとか・・・・・・・・・・

幸せの切符を手にしたい・・・

 

 

だから何とかできないか・・・

何とかできないか・・・・・・・・

₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎

 

当時は俺こんな感じでまじで死ぬほど悩んでいたのを覚えています・・・・・

(あのどうしようもないような感覚はいやですなあ汗)

 

 

 

 

だから俺は調べました。

でこんな感じで意見がまとまりました。

 

 

 

※超大事な答えはこのブログの後半に

書いています。

 

 

 

1,男子校出身者は家柄を気にすることが多い?

どうやら男子校出身者は

恋愛で結婚するというよりも家柄で結婚する可能性が高いということ。

 

 

たとえば由緒ある家系とか、家柄を比べるから結婚までのハードルが必然にまでにあがってしまうということみたいです。

 

 

 

よし俺には関係ないぜ

(σ´・ω・)ネェネェ

(だって庶民だもん。家柄とか関係ないし笑)

 

 

はいとりあえずはこの問題はクリアーできそうです。

 

 

 

なぜなら

俺には家柄なんてきにもしないし、

家柄なんて関係ないから

彼女をよこせー

 

という感じだからです笑

 

 

2,同郷を気にする人が多い?

男子校出身の人は同郷を気にする人がどうやら多いとのこと?

 

 

 

どうやら自分が三重県出身だったら相手にも女性が「三重県じゃないといけない」

と条件を求めるそうです。

 

 

せっかく気が合っても

同郷を求めるので、まさかの結婚の

ハードルがあがるという・・・・・

 

 

俺には関係ねえぜ

(σ´・ω・)ネェネェ

 

はいまたまた俺には関係が

ありませんでした。

 

 

 

 

同郷かなんてどうでもよかった

からです

(正直女だったらどこでもいいっつーの。

フックンはきれいごと抜きではっきりと言わせてもらいます)

 

 

 

 

だから別に問題ないっす。

沖縄でも大丈夫。

北海道でも完全に大丈夫笑

 

「モンハンの世界にようこそ・・・」

「無理じゃあああああ」

 

 

 

3,→男子校出身者は結婚願望がなし?(実はここに理由が・・・)

次に男子校出身者は

結婚願望がないみたい・・・・・ということです。

 

 

 

「はあ?なんでなんで?俺はものすごく結婚をしたいけどなー」

 

 

「将来子供もほしいし孤独死だけは本当にやだやだ」

 

と俺はめちゃくちゃに結婚願望が強いのに。

 

 

 

 

でもいざふたを開けてみると・・・・・

 

女慣れしていないから!

 

ということに尽きるみたいです。

 

 

 

女なれしていないから、自然と女性に対してクソ理想化するみたいです。

 

関連記事:フックン流!彼女を作らないとどんどん彼女が作れなくなっていくというパラドックス

 

あーやばいわ。完全に当てはまるわ。自分でも美化しすぎてはとにかく怖くて憧れを抱いていました。

(はあはあ女性はオナラをしないとか真剣におもってました汗)

 

 

 

女性ってトイレに行かないものだ

と思っていたっけな。

 

 

 

部屋は常にきれいで、汚すことなんて

100パーセントないって思ってたなあ。

 

 

 

そういや女性ってさ。体が華奢だからさ。

男が抱きとめたらいきなりポキッと

折れるって思ってたっけな。

 

 

 

 

そう。俺も男子校出身だからめちゃくちゃ気持ちがわかるのですが、とにかく女性を知らないんで、まるで女神かのように美化してしまうんですよね。

 

 

 

 

 

そうまるで離れれば離れるほど、女性がどんどん強大なものになっていく。そんな原則です。

 

 

 

そう。上記の記事のように

 

 

かかわらなければかかわらないほど、

どんどん女性が大きくなっていくという法則です。

 

 

 

あーあかんわ。俺このままではあかんわ。まじで結婚ができねーわ。ってめちゃくちゃあせったことを覚えていますね。

 

 

 

(もちろん今ではそんなあせりがあってよかったと思っています。そんなあせりがあったからこそ、たくさんの女性心理や会話術を学ぶことができたのですから・・・)

 

 

 

 

そんなフックンの努力と結晶をこのブログで惜しみなく公開していますので、きながーに読んでみてくださいね♪

 

 

※もちろん無理強いはいたしません汗

 

 

 

童貞男子が喜ぶ!男子校出身の人間が彼女を作り結婚するための最適な方法

 

もちろんこの記事は男子校出身の男を、いじめるために書いたのではありません。

(むしろ救うためです。そりゃ同じ思いで苦しんでいる人はほっとけないです汗)

 

 

 

フックンはただただ哀れにこけおろしたり、イケメンをうらむだけの生活はここの読者さんには絶対にしてほしくないと心から思っています。

 

 

 

 

だからこそ男子校出身の男がまずしてほしいのは思考の瞬発力を高めるということです

 

 

 

 

たとえば、僕の大好きな漫画にキングダムというものがあります。

 

 

キングダムは中国の戦国時代の漫画で敵と切りあう描写が本当に多い。

 

 

 

そこであなたが敵と戦っているとして敵が矛をふりあげてきたとします。

 

 

そこで戦いなれしていないあなたは

思考のループをはりめぐらせていくでしょう。

 

 

 

「えーと。矛が振り上げられた。右からくるのか?

左からくるのか?その場合は矛を構えないと

いけないのか?下から構える?えーとえーと」

 

 

 

このように短いスパンにふさわしくない長い長い思考の世界へ突入することになるのです。

 

 

 

とうぜん「矛が右からくるのか?左から来るのか?」と考えている段階で矛のダメージをくらい即死してしまうでしょう。

 

 

ぐはああああ

 

 

 

たとえが長くなりましたが、男子校ボーイが彼女を作れないのも同じ理由であることがほとんでです。

 

 

 

 

当時20歳ぐらいの俺は

かわいい女性と話す機会がありました。

 

 

 

「フックンはどんな料理がすきなの?」と質問をされた記憶があります。

 

 

モテる男であれば間違いなく「うーん。肉かなあ」とか即効で答えをかえすでしょう。

 

 

 

しかし、当時の俺は違います。

 

 

 

「えーとこういうときはなんていえば

いいのかな?かっこういい食べ物の

名前を言えばいいのかな・・・」

 

 

「変なことをいって嫌われたりしたらどうしよう。まじでまじでてんぱってきたあーあーあーあー」

 

って感じで延々と思考のループにはまり込んでいました。

 

 

 

だからこそそもそも会話自体が成立しないというとんでもない悪循環に陥るのです。

 

 

 

 

当然女の子も俺のことを毛嫌いしているような目でみていました。

(あああ頼むよそんな目でみないで。あーーー)

 

 

 

だからこそ女性と接する上でいかに思考をシンプルにして頭の回転を早めていくか・・ということが大事になります。

 

 

 

※ちなみにこの頭の回転を早くするという

方法は才能なんていりません。

 

 

よく「お笑い芸人はおもしろいのは

才能だ」とあきらめている人がいますが、

 

 

 

心配しないでください!

あきらめなくても大丈夫です!

 

 

 

 

男子校再生!思考の反応を高めるために自分の価値観を変化させる

ではどうすれば思考のスピードを高めることが

できるか?

 

 

それは、自分の中の価値観を変化させることです。

 

自分の中の心の材料を取りかえることが大事です。

 

 

 

たとえば

 

女性は神聖な生き物だという価値観をもっていれば

一生女性に近づくこともできないでしょう・・・

 

しかし、

女性はべつにたいしたことない・・一発で

ヤレるぜぐへへへへへ

 

 

 

と考えていれば、

造作もなく女性に近づき一撃で落とすことが

できてしまうものです。

 

 

このように価値観を変化させるということが非常に大事になるわけです。

 

 

 

「でもそんな人生をかけてきた

価値観を変化させるなんて

難しいんじゃないか」と思うでしょう。

 

(当然俺も思っていました汗)

 

 

 

 

しかし、

価値観は変化させることができてしまいます。

 

 

 

 

 

それは女性を知ること。マインドセットを

知ることが大事です。

 

 

 

 

つまりあなたの公式を別次元の公式にすりかえてしまうのです。

 

 

 

 

たとえば会話をするには目的があるということをご存知ですか?

 

 

「ええ知らない・・」という人もいるでしょう。

 

 

 

 

 

つまり、良質な恋愛ノウハウや偉人を勉強するだけでもマインドセットに変化を起こすことができるようになっていきます。

 

 

 

 

 

(特に人に好かれる会話術を受講された読者さんは

「会話でこんなに距離を近づけることができるんだ」と自分の変化にも驚いている人もいます。

 

 

 

 

 

有益な情報がたくさん転がっている時代ですから、その情報に触れるだけでも容易に内面に革命的な変化を起こすこともできてしまうのです。

(あーなんと素敵な時代汗)

 

 

 

 

もちろん内面の変化を感じたら女性と実際に接してみましょう。

 

 

 

 

 

 

女性と接すればさらに思考の反応があがります。

 

思考の反応があがれば価値観を強固になります。

 

価値観が強固になれば彼女を落とすことも

造作なくなります。

 

 

 

 

情報もよかろう。しかし、生の体験は強い。
(大島渚)

 

 

 

 

こりゃ何とかして彼女を作るしかねーな

男子校の出身の人は結婚へのハードルが必然的にあがる・・・

 

 

それを聞いて死ぬほどびっくりしましたし。なんだか危機感を覚えました。

 

 

 

 

もちろんこのブログの読者様にも「俺はなんで男まみれの人生を生きていたんだ・・・」と後悔している人もいるでしょう。

 

 

 

 

でも、後悔しながらも前に進めるよということを実感してほしいのです。

(前に進んだとき素敵な未来がまっていますよ。フックンは誰もが登れると信じています)

 

 

 

あなたが生きている人生は必ず意味があります。

 

 

 

「男子校だった人生がすべてむだだ」そんな思いはしてほしくないのです。

 

 

 

 

どんな状況からも前に進める。

 

 

 

 

このブログではこんな気持ちで情報発信をしていますし、あなたのことを心から応援しています。

 

 

 

 

だから大丈夫!俺についてきてくださいね

(σ´・ω・)ネェネェ

「ふふふふふ」

 

 

フックンでした♪

 

 

 

 

TOPへ戻る

フックンの思い

コンテンツ一覧

⇒恋愛初心者に見てほしいコンテンツ